髪の毛の成長に睡眠が効果的な理由!寝る毛は育つ?

睡眠

 

髪の毛の成長には睡眠が不可欠です。

 

これはちゃんとした根拠があり、髪の毛の育成のためには十分な睡眠が欠かせません。

 

「寝ている時に毛が育つ理由」を検証していきます。

 

髪の毛の成長を促すのは成長ホルモン

そもそも髪の毛はどのように生成されていくかというと、まず毛根の根元にある「毛乳頭細胞」というものがあります。

 

この毛乳頭細胞は血液から栄養を受け取って髪の毛に必要な成分を合成し、髪の毛の寿命そのものを司る場所。

 

その毛乳頭の周辺には「毛母細胞」という別の細胞があり、この毛母細胞が細胞分裂することで髪の毛の組織を作っていくのです。

 

この毛母細胞が活発に分裂するように信号を出しているのが毛乳頭であり、この信号を強く出す為には「成長ホルモン」の影響を受けています。

 

成長ホルモンというのは夜寝ている時に分泌され、もっとも出るのは午後9時から午前2時辺りといわれています。

 

その後も睡眠をとっている時間ほどホルモンは分泌され続けるため、髪の毛の育成に睡眠は欠かせないものということです。

 

成長ホルモンは髪の毛以外にも、血液・骨の生成から皮膚や筋肉のダメージ修復にも関わっています。壊れた体組織が治りにくくなる上、頭皮の傷などが回復できずに異常な皮脂分泌などを招くので決して軽視できません。

 

現代では生活リズムも様々に変化していますが、人間の体内リズムは変化しません。昼おきて夜寝るようにできているため、多少体は慣れたとしても根本の生命としてのリズムを変えることはできないのです。

 

薄毛の人は特にこのリズムを意識することが重要です。

 

子供みたいにめちゃくちゃ早く寝ることはできませんが、夜更かしを続けて夜に寝ないということだけは減らしましょう。

 

髪と睡眠で気になるネタ

 

髪の毛を生やすということより、今ある「髪を早く伸ばす方法」というのを見ました。

 

その方法は「夜更かしする」とか「髪をきつく引っ張る」とか、全く根拠の無い育毛してる人からしたら信じられないことばかり書いてありました。

 

早く寝たほうが早く伸びると書いている人もいてバラバラ。これでは信憑性もあったものではありません。

 

なぜそうしなければいけないのか?なぜこれがいいのか?を明確にした理論を分析して、正しい知識をインプットするようにしたいものですね。

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら