毛深い人はハゲやすいって本当なのですか?

髪の毛以外の体毛が濃い人はハゲるのか?
ハゲの悩みは終わりが無い・・・はげるかもと考えただけで夜も眠れない。よく言われている噂の根拠を検証し、スッキリさせるためのページです。


今回のテーマは体毛が濃いと薄毛になりやすいか?ということですね。 体毛といっても色々ありますが、濃くて悩みとなるのがヒゲ・胸毛・腕や足の毛など。

毛が濃いとはげるという理屈の根底にあるのが、体毛の発生に影響を受けているという男性ホルモンの量が多い人は抜け毛が増えて将来はげやすいというもの。これも一種の都市伝説的なものでしょうが、私育毛課長は全く気にしていません。

私自身は30過ぎてもわき毛すら生えてこない体質で、ヒゲも薄いし体毛も薄い・・・というか毛薄いまみれじゃんと言われそうなくらい。で、髪の毛の衰退は10代後半からという状態です。世間を見渡しても毛が濃い人がイコールハゲという図式は全員には当てはまりません

こちらのオナニーするとハゲになるか?も参照


これは男性ホルモンが絡んでくる噂の全てに該当しますが、男性ホルモンの量そのものはあまり関係ないという抜け毛のメカニズムにあります。男性ホルモンと結びついて脱毛因子となる、5αリダクターゼ酵素の結びつきが強いか弱いかの違いだけということになりますね。育毛剤の多くも男性ホルモンそのものは抑制せず、酵素の働きを抑えこむことを目的にした成分が含まれています。

だからといって安心しきっていいかといわれればそうではなく、男性ホルモンが多く分泌したところに結合しやすいリダクターゼ酵素が存在すれば、それだけ多くの脱毛因子が発生することが考えられます。男性ホルモンの多さは、人によってハゲにあまり影響しないかものすごく加速させるかのどちらかと言えますね。

この酵素の働きを抑制するのに効果的なのが、医薬品プロペシアやノコギリヤシ・亜鉛などがありますので、体毛が濃い人がする抜け毛対策としてはこれらをとりいれていくと効果的であると言えます。

医薬品の副作用が心配な人は、ノコギリヤシの成分を含んだ飲む育毛剤ともいえるサプリメントがあるので、使ってみるといいでしょう。

ノコギリヤシを含んだ飲む育毛剤の検証記事

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら