生え際・前髪がやばい人に効く育毛剤と選び方まとめ

生え際育毛剤

 

生え際が後退してやばい!おでこが広くなり、このままでM字ハゲに!という人は、薄毛対策にどんな育毛剤を使うのがベストなのか。生え際・前髪周辺の薄毛改善のための育毛剤ランキングです。

 

そもそも生え際だけにメチャクチャ効く!というものは存在しないです。頭皮の部位ごとに分けられて効果に違いが出ることはありません。しかしこれから説明するように、生え際の回りは他の部位とは少し違った特性を持った部位でもあるので、これらを理解しながら育毛剤選びをすることが求められます。

 

今回は育毛剤の人気・キャッチコピーにとらわれず、生え際ならではの特徴に焦点を当てて分析した育毛剤をピックアップしました。

 

生え際は生やすのが難しい部位であることを知る

まず始めにあまり知られていませんが、生え際には他の部位よりも育毛しにくい・生えにくい特徴があるのです。

 

  1. 1.生え際周辺は毛細血管が少なく、髪の毛に栄養を送る血液が届きにくい
  2. 2.皮脂の分泌が多く、育毛剤を塗っても皮脂に弾かれて浸透しにくい
  3. 3.脱毛物質である男性ホルモンDHTの影響を受けやすい部位である

これらの生え際が持つ特有の状況を踏まえて、効果がある育毛剤をみていく必要があります。

 

生え際は毛細血管が細く栄養不足になりやすい

生え際周辺は毛細血管が細いことが分かっています。血管が細いということは、髪の毛を育てる「毛母細胞」「毛乳頭」に栄養を届ける力が弱く、慢性的な栄養不足になりがち。

 

また顔の表情筋・皮膚とも隣接しているため皮膚がこわばって血管が硬くなりやすいのも特徴。育毛剤の効果として重要な血流の促進効果が特に求められる部位であるのです。

ただ育毛剤付けても浸透していない現実

生え際は皮脂の分泌も盛んです。おでこが脂っぽくなってる人は生え際周辺の毛穴も皮脂でふさがれやすく、育毛剤が毛穴の奥まで浸透しにくいという特徴があります。

 

育毛剤をただつけていても、皮膚に乗ってるだけで浸透していないのです。育毛剤の中には浸透力を高めるための技術が使われているものがあるため、使う育毛剤を吟味しなければ効果が発揮できないということになります。

生え際は男性特有AGAの影響を色濃くうける

生え際周辺は悪性の男性ホルモンの影響を受けるAGAを発症しやすい部位でもあります。

 

AGAは男性ホルモンの一つテストステロンが、頭皮細胞内の5αリダクターゼ酵素と結合して生成される、ジヒドロテストステロン(以下DHT)というホルモンの影響で髪を作る毛母細胞が攻撃されて起きる薄毛症状です。

 

生え際周辺には5αリダクターゼ酵素が多く存在しており、特にAGAの影響を受けやすい部位。女性にはあまり生え際が薄くなる人がおらず、男性だけがベジータのように剃り込み入った薄毛になるのはAGAの影響を受けやすいからなのです。

 

生え際の後退を止めて育毛するには、AGA対策として抗男性ホルモン成分が多く配合された育毛剤を使っていくことが求められるということです。

 

上記を踏まえて生え際に効果を出す為の要素としては、以下の3つのポイントをおさえている育毛剤を選択する必要があります。

 

  • ・配合されている成分(特に血行促進成分)の質と量
  • ・育毛剤の浸透性を高める技術が使われているか?
  • ・DHTの発生を抑制する成分(抗男性ホルモン)が含まれているか?

さらに生え際は育毛剤を塗るときに液が垂れてしまいやすく、液垂れやすい生え際に塗りやすいか?という点も補足します。

 

これらのポイントを比較検証して、最も生え際に効くと考えられる育毛剤を検証します。

生え際・前髪の抜け毛に効果的な育毛剤を比較したランキング

・合計71種類もの成分を配合して複合効果を高めた育毛剤
・低分子ナノ水を使い浸透力を高めている
・合計5種類と抗男性ホルモン成分を多く配合
・サプリメント付属で体内からも生え際後退抑止

 

【注意点】
イクオスは配合成分が多いということは、植物アレルギーなどがある人は念のため目立たないところで少量使いつつ反応を見てから使うようにします。45日と長い返金保証があるため、何か異常があれば返金申請をしていきましょう。

 

【使った評価】
育毛に期待できる効果としては申し分なく、ピンポイントに塗れるスプレーで無駄がないです。生え際に限ったものではなく、頭皮全体に使えるものとして考えた場合は、イクオスを使ってみる価値があります。育毛剤の中でも抗男性ホルモン数が最も多く、生え際の育毛に効果的な要素を備えた育毛剤です。

 

価格(初回)¥4,980円 ・定期便:\8,980円 ・内容量:120ml ・返金保証:45日間

イクオスレビュー イクオス公式

 

チャップアップ

・血流促進成分と頭皮の保護成分のバランス力
・低分子化技術あり
・抗男性ホルモン成分4種類配合
・サプリメント付属では家際後退抑止

 

育毛成分の分子を細かくして浸透しやすくする技術を採用し、皮脂の多い生え際への浸透性も高い。スプレー式に変更され、生え際周辺へのアプローチが容易になったのもポイントです。

 

成分は、血行促進効果にセンブリエキス、男性ホルモン抑制にヒオウギエキスとオウゴンエキスという2種類を配合。さらに保湿・抗炎症・細胞の活性化とバランスよく配合されており、生え際への要件をクリア。さらに付属するサプリメントには、男性ホルモンを抑える亜鉛やノコギリヤシエキスを配合していて確実に栄養素を届けてくれます。

 

【注意点】
育毛剤自体はサラサラですから、頭皮に塗りすぎると液が垂れてきてしまいます。少量づつマッサージして頭皮に馴染ませながら使うことで効率よく使うことができます。

 

【使った評価】
実際に使った感じでは、大体1ヵ月半から2ヶ月は持ちますしサプリメントとセットの定期購入では割安感が高いです。別途サプリメントを買う必要が無いので、毎月のコストを抑えたい方にも支持されていますね。総合的な効果をランキング2位の実力として評価しました。

 

価格(定価):20,760円 ・定期便:9,090円 ・内容量:120ml ・全額返金保証:30日以内 

チャップアップレビュー チャップアップ公式

!

生え際・前髪の抜け毛に効果的な育毛剤を比較したランキング

・抗男性ホルモン新成分キャピキシル配合
・海洋深層水で浸透力を高める工夫あり
・細胞の活性化成分リデンシルを新規配合
・価格が高くコストはやや不利

 

抗男性ホルモンとして新成分のキャピキシルを配合したスカルプエッセンスの代表。独特のスポイト式使用法で生え際にピンポイントで使えます。使うときにはしっかりマッサージを忘れないようにして浸透性を高めるようにしましょう!

 

【注意点】
実際に生え際に使用して改善したという声が多数でてきており、実績を伴った育毛剤として浸透してきましたが、価格の高さで続かない人が多い。効果が実感できる半年程度使うことを考えれば、¥8万円以上の予算を組んでおく必要がある。

 

【使った評価】
新成分を続々配合してきており、効果成分の配合にはとことんこだわっている育毛剤。価格にさえ目をつぶれば、生え際への訴求として魅力的な価値は十分に備えています。生え際だけに使うのであればピンポンとで使えば効率がよく、上手く使えば毎月の費用を伸ばすことも可能。

 

価格(定価):\13,860円 ・内容量:60ml ・全額返金保証:14日以内(本体未使用に限る)

Deeperレビュー deeper3d公式

!

 

特徴と成分を検証した結果このようなランキングとなりました!あくまで今回は生え際に効果的という点を踏まえ、コストなど総合的な部分よりも効果に焦点を当てたランキングとなっています。

 

最も評価したのは効果が期待できる血行促進させる有効成分で、次に浸透力の高い低分子化技術です。以下にランクインした育毛剤の特徴をまとめてみましたのでご覧ください。

 

※比較表も作ってみました。赤字は特に優れた部分をピックアップしています

生え際ランキング イクオスIQOS

チャップアップ

Deeper3D
写真

イクオス

chapup

deeper

血行促進成分
(指定有効成分)

センブリエキス
 

センブリエキス センブリエキス
男性ホルモン抑制 5種配合 4種配合 キャピキシル
浸透力向上技術 あり あり あり
使用法 スプレー式 スプレー式 スポイト式
垂れにくさ 垂れやすいがスプレー式で生え際に塗りやすい 垂れやすいがスプレー式で生え際に塗りやすい 粘度があり垂れにくい
価格定価

¥8,980円

 

単品 ¥14,400円
サプリセット¥20,200円

¥13,860円
最安値(定期購入) ¥4,980円

単品 ¥7,400円
サプリセット¥9,090円

¥13,860円
使用目安 120ml約2ヶ月 120ml約2ヶ月 60ml1か月
  体験レビュー 体験レビュー 体験レビュー
特記 成分数が多い総合育毛剤。サプリメントが付属する上に価格も低く、コスパも高い 別途付属するサプリメントの効果で男性ホルモンによる脱毛を防ぐ。 海洋深層水浸透性は期待できる。キャピキシル配合だが毎月コストがやや高め

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら