育毛剤とAGAクリニックそれぞれのメリットデメリット比較

育毛剤と病院治療比較

 

育毛課長の「育毛剤検証サイト」では、主にネット通販や市販されている育毛剤を使って育毛する方法について詳しくまとめてきています。育毛課長自身も医薬品を使わない育毛治療を続けてくることで、自宅で育毛に成功をしてきています。

 

自分自身を実験台として育毛剤の効果を確かめたりしてきて、少しでもこれから育毛剤を使って薄毛の悩みに立ち向かおうという人に役立つコンテンツを作ってきたわけなんですが、一つもどかしさを感じているのが、全ての人に同じような再現性を見出すことができないという現実があること。

 

すでに「薄毛が大きく進行」してしまって、「地肌がはっきりと見えてテカテカ」してしまっている場合や、本来の薄毛・抜け毛の原因であるAGAによるもの以外の原因(病気など)をお持ちの場合には、どれだけ優れた育毛剤を使っても効果が得られないこともあります。

 

このような方の場合は、専門的に発毛治療をしている病院(クリニック)をまずは受診してから、適切な育毛をしていくことが必要であると思います。

 

育毛課長自身もそもそもは病院に行きながら、自分の薄毛の原因や対策方法を研究して模索してきた経緯があります。自分は何をしなければいけないかを把握して育毛剤を使ってきたからこそ短期間で育毛に成功できたともいえるのです。

 

間違った育毛剤選びをして大事なお金と時間を使って欲しくない。そんな思いからこのようなページを立ち上げました。

 

とはいうものの、育毛剤とAGA治療クリニックではどのような違いがあるのか?そもそも病院ってどんな治療するの?値段は手が出ないほど高いんではないのか?という疑問は尽きないと思いますので、AGAクリニックにと育毛剤のメリットデメリットなどを詳しく比較してまとめてみることにしました。

 

>> 無料カウンセリングを受けられる国内でも治療実績あるクリニックを先に見る

 

まずAGAクリニックってどんな治療する場所?

医師の元で薄毛治療

 

AGAクリニックは、名前の通りにAGA(男性型の脱毛症)の治療を専門に行う病院であり、増毛やカツラを扱う育毛サロンとは違う、薄毛の専門医師による医療機関です。※クリニックと病院の違いはベッド数の多さで呼び分けてるだけで、薄毛治療を専門とする病院は規模が小さいことが多いのでクリニックと呼んでいます。

 

そもそも抜け毛が進行しハゲていく原因であるAGA。これは毛根の細胞内にある5αリダクターゼ還元酵素と男性ホルモンの一部が結合してできあがってしまうDHTジヒドロテストステロンが、細胞の分裂を妨げダメージを与えることで正常な髪の発育ができなくなること。とくに生え際や頭頂部にはこの酵素が多く存在していることがわかっており、髪の毛が本来の成長サイクルを全うするまえに痩せて抜けてしまうのがAGAの簡単な構図。

 

 

 

このDHTの発生をまずは防がなければ抜け毛止まらず、育毛剤の効果も半減します。そこでDHT抑制に最も効果があるのが、医薬品プロペシアです。プロペシアは副作用があるとされますが、医師による検査の元使ってOKなら処方されますから、自分の判断で個人輸入したりして使うよりも安心です。

 

プロペシアによる抜け毛防止を一つの軸としながら、髪の毛の成長のための育毛剤を処方してくれるのがクリニックで受けられる治療になります。

 

クリニックでは専門医による適切な医療行為(診察や検査・医薬品の処方など)を医師の監査という安心の元受けられるもので、副作用などが起きないよう、個人個人に合わせた治療を受けられるのが最大のメリットでもあります。

 

自宅で自分の判断の元行う育毛時を買ってする育毛と比較してみれば、安心感と根拠ある効果の治療を受けられるという点で大きな違いがあるといえます。

 

※皮膚科を受診する場合との違いは?

 

近年は一般の総合病院などの皮膚科外来でも、AGA薄毛治療を行ってくれるところがあります。専門医との違いは、まずは圧倒的な治療経験の違いがあります。皮膚科では基本的にAGA以外の患者さんの方が多いわけであり、専門という点では治療経験やデータを持っておらず、医薬品であるプロペシアなどを処方してあとは経過観察のみという診察が基本です。頭皮の状況に合わせた治療や検査設備も専用に持っていないのです。

 

一方専門のAGAクリニックでは、薄毛の患者しか診ていないエキスパートであり、血液検査や頭皮の病気などを検査する設備を備えています。薄毛の状態や進行状況に合わせて薬を組み合わせたり、独自の治療データを持っていることから、より丁寧な診察を受けることができます。薄毛を本気で治したいと思って病院の門をたたくのであれば、AGAクリニックに行った方が同じ費用で満足度は高いのは間違いないのです。

 

AGA専門医院であれば同じ悩みを持つ同志しか来ていませんから、待合室で待っているときのストレス・不安もどちらが軽くなるかは明確です。

 

>> 無料カウンセリングを受けられる国内でも治療実績あるクリニック

 

育毛剤とAGAクリニックそれぞれ共通するもの

育毛剤で自宅で育毛するにしても、AGAクリニックを受診するにしても、どちらも共通しているのは即効性はないということ。

 

髪の毛の成長はヘアサイクルという仕組みがあるように、すぐに結果が出るようなものではありません。1ヶ月2ヶ月で効果がはっきりしないのは共通していますから、病院にいけば即効でフサフサになるものではありません。

 

ヘアサイクル

 

最低でも3ヶ月から6ヶ月の期間をじっくりと育毛に専念するつもりで取り組んでいくことで、薄毛治療が成功することは共通事項です。すぐにでもとりあえずハゲを隠したいのであれば、カツラや増毛などをしていく必要がありますね。

 

育毛剤とAGAクリニックのメリットデメリット比較

ここで最初に最も気になる双方のメリットとデメリットを比較して見ていくようにしましょう。

 

比較表 自宅で育毛剤 AGAクリニック
治療薬 医薬部外品育毛剤・医薬品育毛剤など様々な種類あり 医薬品プロペシア・オリジナル薬・ミノキシジル等を処方
治療手段 自分の判断で育毛剤を買って使用・思い立ったその日から、ネット通販や薬局などで気軽に買って使うことが出来る 医師による処方・血液・血圧・頭皮の病気などを検査した後に処方されるので、すぐに使えない場合もある。
費用 相場は1ヶ月¥5000円から1万円程度 相場は1ヶ月で1万円から3万円ほど
メリット 誰にも知られず、自分のペースで育毛できる。費用も安く抑えることができる。 副作用などが起きないよう、検査して最適な治療を行ってくれる。万が一の時に相談できる安心な環境が得られる。
デメリット 万が一の副作用がでたときに、頼る場所がすぐにない。効果が実感できないこともある。 通院できる範囲に病院が無いことも多く、地方の人は立地的に不利。
諸評 将来に向けての抜け毛予防や、まだ髪がある軽度の薄毛の育毛向き。 発毛を目的としているので、確実性を求めて本気で薄毛治療したい人向き。

 

育毛剤の違い

自分で買って使う育毛剤と、病院で処方される育毛剤の違いですが、どちらも医薬品、医薬品以外の育毛剤の選択肢があり、自分の状況に合わせた育毛剤が使えます。

 

クリニックは基本的に医薬品育毛剤での治療ですが、オリジナルで肌に優しい成分の育毛剤を用意しているところも多いです。

 

医薬品育毛剤はリアップなど市販のものや海外から個人輸入で買うこともできるのですが、「成分濃度」はあなたに合ったものかどうか分かりません。病院であれば医師の検査の元、最適な組み合わせで処方してもらえるなどのメリットもあるのです。

 

費用の違い

一番気になるのは、毎月かかる費用ではないかと思います。育毛剤は手軽に低コストで始められ、財布に優しいにもメリットの一つ。

 

薄毛治療は病院と言っても命に関わるものではないので、健康保険の補助を受けられず費用は全額自己負担です。ただAGAクリニックでの治療がメチャクチャ高いかというとそうでもないです。1ヶ月の費用は、育毛剤の処方だけで比較すればほぼ同額の1万円〜始めることができ、もしそれ以上の治療(先進治療の細胞成長因子の注入)などを受けるのであれば、3万円は必要になってきます。

 

これも強制されるものではありませんから、低予算で治療を受けることも可能です。専門医という安心を同時に買うことができるとなれば、費用的にはコスパは下手な育毛剤より遥かに良いと考えています。

 

自分の判断か医師の経験を頼るか

自宅で育毛するのは手軽なメリットはあるのですが、やはり自己流であることに変わりありません。様々な患者や薄毛の治療経過を見てきた専門医ならではの治療は、やはり効果への確実性があります。

 

※先ほど個人輸入に関して触れましたが、医薬品を海外から輸入するのは賛成できない理由があります。詳しくはこちらでもまとめていますが、副作用が出たときの対処には不安があるからです。効果の高い育毛剤だからこそ副作用もあるわけですから、医師の管理の下使うのが一番であると思います。

 

立地的な面は改善されつつある

AGAクリニックを受診することの最大の壁は、通院できる場所にあるかどうか?と言うところ。育毛課長が自宅での育毛にこだわってきたのも、住んでる場所が田舎で多忙な営業の仕事のため通院できるクリニックがなかったから。

 

ただ最近は確実性を求めてAGAクリニックを受診する人が増えてきており、主要都市以外にも医院を開院するクリニックが増えてきました。敷居が高かった病院での薄毛治療のイメージも少しづつ変わってきている証拠ではないかと思います。

 

ここまで見て、やっぱり私は育毛剤で地道に自宅で育毛していく方が良いと感じたのであれば、当サイトをぜひ参考にしてみてください。ネットで買える様々な育毛剤を実際に使って比較して検証していますので、目的に合った育毛剤選びの力になれると思います。育毛課長のトップページへ戻る

 

やっぱり自分は病院で確実な治療をしていきたいということであれば、AGAクリニックを選ぶ上で外せないポイントもまとめていますので、引き続きご覧いただければと思います。

 

>> 無料カウンセリングを受けられる国内でも治療実績あるクリニック

 

AGAクリニックを選ぶ後悔しない4つの基準

先ほども申しましたように、AGA治療ができるクリニックは年々増えてきています。

 

今までは主要都市にしかなかった治療院も、各地域にクリニックを増やしてきていて受診しやすくなったのはいいことなのですが、一方で選ぶのが難しく迷ってしまうようになりました。

 

そこでAGAクリニックを選ぶ上でここだけはしっかりと見ておきたいという、行ってから後悔しないための選ぶポイントをまとめていきます。

 

十分な治療実績があるクリニックか?

クリニック選びで外せないのは、十分な治療実績を持つ長くAGAと戦ってきたクリニックであること。

 

クリニックが増えたということは、「つい最近AGA治療も始めました」というところが意外に多いのです。確かに設備などをそろえているかもしれないですが、肝心なのはどれだけの薄毛の同志を救ってきたか?が大切。

 

多くの患者を治療してきたならば、様々な薄毛の治療データが蓄積されているし、なにより副作用などのトラブルが起きたときにどう対処すれば良いのかというデータも豊富だからです。

 

個別の状況に合わせた治療してくれるか?

次に薄毛の状況や抜け毛の原因などは人それぞれ違います。

 

ありあわせの薬を処方して様子見で終わりではなく、きちっと検査した上で状況に合わせた治療提案を行ってくれるところでなければ、わざわざクリニックに通院するメリットは低くなります。

 

個人個人に合わせた治療法を提案してくれるかどうかを見て選ぶようにします。

 

無料でカウンセリングなど行っているか?

病院へ行ったはいいけれど、雰囲気や具体的な金額が分からないと不安です。

 

そこでいきなり治療ではなく、まずは無料のカウンセリングを実施してくれるクリニックがあります。担当してくれる専門医との相性も当然ありますから、まずはそのクリニックで治療するかどうかを無料で相談できるところが安心です。

 

強引な勧誘や引止めが無いクリニックか?

最後の不安はこれですよね。期待と不安でドキドキしながら行ってみたはいいけど、高額な治療を強要されたり、通院を止めた後もしつこく勧誘があったりするクリニックも残念ながらゼロではないのです。強引な高額治療への勧誘がないクリニックは安心して受けられます。

 

こちらは真剣にハゲの悩みを相談しているのに、ビジネスライクな対応をしてくるようなところは当然いくべきではありません。「かみ」より「カネ」を見ているようなクリニックは信頼して任せることはできないです。

 

AGAクリニックを受診するのであれば、この4つのポイントは最低限押さえておかないと安心して任せられないと思います。

 

クリニックはたくさんあれど、中には儲かるからとはじめたところや、治療内容が微妙なところがあるのも事実。薄毛治療は長い付き合いになるものですから、自分の頭皮を任せるのに信頼できるところに通いたいですよね。余計なストレスをためないためにも、押さえておくべきところはしっかり見ておくべきです。

 

ではこの4つのポイントをクリアしているAGAクリニックはどこがあるのか、ここなら信頼して任せられるというクリニックをまとめてみました。

 

初めてでも安心のAGA治療クリニック

国内治療実績一番の「ヘアメディカル」

 

hairmedhical

 

AGAクリニックを選ぶポイントを満たしている中でも、大手で全国に展開していて治療実績が一番なのがヘアメディカル。もう10年以上前になりますが、育毛課長が初期の薄毛カウンセリングをしてもらったのもヘアメディカルグループの医院でした。

 

AGAという言葉がメジャーになる以前、17年前から治療をしてきていて治療者数は136万人以上とダントツの実績データを持っています。

 

費用の目安は、月額11,000円〜30,000円。プロペシアなどの基本医薬品以外に、院内独自で調剤した個人の薄毛に会った処方をしてくれます。

 

無料カウンセリングも実施しており、無理な勧誘は一切しないというプライド持った薄毛の専門医の治療が受けられる点が評価できます。まずは無料カウンセリングを受けてみて、どのような治療を受けられるのか、相談することから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

>>> ヘアメディカルの無料相談申し込みページ

 

治療院が全国にあり低予算で始められる「AGAスキンクリニック」

 

AGAスキンクリニック

 

治療院の数が全国に40医院と、地方に住んでいる人でも通院しやすいのがAGAスキンクリニック。多くの治療院で得られたデータから、個人個人に合わせた治療法を提案してくれます。

 

初回の医薬品処方が¥4,200円(以降¥7,000円〜)と低額であり、普通のクリニックならば1万円前後かかる「血液検査」や初診料が無料というのは大きなメリットです。その後の治療に関してはじっくり相談の上、無理のない治療計画を立てていきましょう。

 

内服薬の治療以外にも成長因子(グロースファクター)を浸透させて、市販の育毛剤にはない浸透性と効果を得られる先進設備を備えるなど、最新の育毛技術を取り入れてきているのも特徴です。

 

地方にも積極的に治療院を増やしており、今まで遠方にしか医院がなくて通院できなかった人も一度見てみてはいかがでしょうか。

 

>>> AGAスキンクリニックの総合サイト

 

県外からの通院者も多い評判の高い「銀クリ」

 

銀クリAGA

 

首都圏で最も評判がよく、治療実績が高いのが銀座美容クリニック(銀クリ)。一番におすすめできないのは、名前の通り銀座に1箇所しか医院がないということだけ。半年近くは通う必要があるため、遠方では通院だけでお金がかかってしまいます。

 

都内在住の方でなければ厳しいかもしれないのですが、それでも県外からも1日がかりで通院する人が多いという口コミ評価では一番のクリニックです。

 

私の仕事仲間でも銀クリで薄毛治療したという人が3人もいて、私も関東に住んでいれば、銀クリでカウンセリングを受けてみようと思ったくらい。治療中の通院は1ヶ月に1度ですから、出張などが多い方は日程を合わせて通ってみるのもいいでしょう。

 

>>> 銀座美容クリニックのAGA治療専門サイト

 

東京駅1分の立地と発毛実績を兼ね備えたアゲインメディカルクリニック

 

アゲインクリニック

 

AGAクリニックでも稀少な全額100%返金保証があるのが、AGAINアゲインメディカルクリニックの発毛治療。オーダーメイド処方を実施するなど、治療実績を基にしたオリジナルの薄毛治療にも力を入れるなど、個人個人の薄毛に合わせて対処してくれる点が評価できます。

 

東京駅から1分の立地で通いやすい点と、料金と発毛実績に不安がある人に安心な返金保証がある点はメリットになります。

 

※秋葉原院がオープンし、予約の取りづらさも解消。10%オフキャンペーンもやっており、首都圏で薄毛治療を考えるならばチェックしておきたいクリニックです。

 

AGAINメディカルクリニック診察・カウンセリング詳細ページ

 

育毛課長のAGAクリニックまとめ

現在育毛課長が知っている限りで、4つのポイントを満たして安心して通えるというクリニックはこの3つです。

 

治療内容そのものは基本的なものは大きくは変わらず、事前検査とカウンセリングに基づいて提案される処方薬による治療を基本として、興味があれば先進医療も受けることができるということ。決して高額な治療を受けなければ髪の毛が生えてこないというものではないです。

 

AGAクリニック全般として、無料カウンセリングも実施していますが、やや営業が激しいという口コミもあります。この手の話題は尽きませんが、向こうもビジネスなので仕方ない部分はある。まずは基本のプロペシア治療だけで何とかならないかを確認して判断しましょう。メンタルが弱い人はヘアメディカルなど強引な営業をしないクリニックを推奨します。

 

 

AGA治療の実績がある医院ばかりですから、自己流ではなく専門医と共に本格的な薄毛治療に臨むなら、まずは無料カウンセリングを受けるところから始めていきましょう。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら