育毛剤を正しく使う方法!ただつけているだけではダメ

育毛剤は薬ですので、正しく使うことで効果を発揮するものです。

一般的な育毛剤は頭皮に塗って使うもの。塗って使う薬といえば、皮膚に塗るクリームや軟膏などがありますが同じようにただつけているだけではダメです。

頭皮というのは皮脂の分泌が多いので、他の部位よりもバリア機能が高いです。シャンプーをしっかりしていても、全ての皮脂をとるようなことはしませんのでいかにこのバリアを突破して浸透させるかが重要です。

育毛剤の正しい使い方、効果的な浸透のさせ方を見ていきます。

使う時間と1日に何回使うか?
育毛剤は1日に2回使います。使う時間は、夜のシャンプー後と朝起きてから使うようにします。これには理由があり、夜使うのはシャンプー後の最も頭皮がきれいな時に使うことで浸透性を高められるから。朝使うのは育毛剤の成分は長続きしないので効果を持続させる為と、皮脂の分泌を抑制してフケやかゆみを防ぐために使います。

シャンプーは特に重要
夜はシャンプーした後に使用しますが、シャンプーの仕方にも注意が必要です。勘違いしてる人がいるんですが、シャンプーは髪の毛よりも頭皮をしっかり洗うこと。指の腹で揉むように毛穴の汚れを押し出し、余分な汚れや皮脂を落とします。ごしごし擦りすぎると傷がついてカサカサになり、浸透性が弱まるので優しく洗います。髪の毛に覆われた頭皮は十分にすすげていないこともあるので、2,3分は流してよくシャンプー成分を流しましょう。

頭皮マッサージで浸透させる
いよいよ育毛剤を塗るわけですが、それぞれの育毛剤の用法に従って頭皮に塗ります。塗りすぎは垂れてくるので、素早くつけながら片手でマッサージして軽く伸ばしていくといいです。つけおわったらとにかくマッサージです。
  1. まずは耳の周辺から側頭部にかけて揉んでいきます。
  2. そのまま頭頂部にかけて手を動かしながら、育毛剤を塗った部分を中心に頭皮をほぐすように揉んでいきます。
  3. おでこの生え際から前頭部にかけてゆっくりと揉んでいきます
  4. 最後に後頭部へ手を移動させつつ、首や肩も動かしていくとじんわり温まる感じがしてきます。
マッサージしながら塗りこんでいくことで、頭皮が柔らかく浸透しやすくなりますし血行が促進されて毛母細胞の働きが活性化します。

生えろ生えろと唱えながらじっくりと浸透させましょう。

育毛剤の使い方にまつわる疑問

育毛剤はたくさん使うと早く効果が出るのか?
育毛剤は塗りすぎてもあまり意味が無いです。一度にたくさん使ってしまうよりも、適量を毎日2回継続的に使い続けることで効果が出てきます。たくさん使いすぎたとしても髪の毛がびしょびしょに濡れるだけなのであまり意味を成さないことが多いです。もったいないので適量を1日2回使うようにします。
育毛剤の効果が出るのは何ヶ月くらいかかるか?
髪の毛の成長は非常に長いスパンですので、実感できるようになるまでには3ヶ月から6ヶ月はかかるのが普通といわれています。1ヶ月とか下手したら1週間で効果があったと言う声も聞きますが現実的に髪の毛がいきなりにょきにょき生えてくることは考えられません。

毛が生える以外の効果としてはフケやかゆみが減り、頭皮の調子がよくなって髪にハリが出たと言う感覚は経験できます。育毛剤の保湿成分や抗炎症作用で皮膚が改善するのと、それにより過剰な皮脂分泌が抑えられて髪の根元から立つようになるからです。このような変化は初期から体感できますから、たいていの育毛剤についている1ヶ月の返金保証期間内では、このような変化を実感できるかどうかを見極めることで、使うべきかやめるべきかを決めるといいでしょう。

使い始めは自分に合ってるか確認しよう

育毛剤の使い方として、もう一つチェックしておきたいのが「自分に合った育毛剤なのかどうか?」ということ。いわゆる副作用がないか?頭皮にトラブルが出ていないか?これを確かめるために、始めて使う育毛剤の場合は少しづつ慎重に使うようにします。

まずは簡単なパッチテストの要領で、腕の内側など目立ちにくい部位に育毛剤を使って「皮膚そのもの」が炎症を起こさないか見て行きます。ここで15分以内にかゆくなったり赤くなったりしたらアレルギー反応が出ている可能性が高く、頭皮に塗っても同じような反応が出ますから使うのは避けるべきと判断をします。

どれだけ安全な育毛剤であっても、完璧に全ての人に適応したものというのはありえません。万が一はありますから、大事な自分の頭皮に使うものですので初めての場合は慎重に使い出すことがポイントになります。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら