超辛口批評!買わないほうがいい育毛剤はどんなもの?

育毛剤は現在数十種類も販売されています。効果のあるものもあれば、中には「買ってはいけない育毛剤」「おすすめできない育毛剤」も当然あります。

薬局ドラッグストアなどで買える激安なものから、ネット通販で売っている1万円前後するものまで、20年近くで色々なものを買って検証していくと成分が微妙で効果が期待できそうにないものから、本当に頭皮と髪の毛のことを真剣に考えているのか疑問に思うものまで様々。

育毛剤は、まずは髪を弱らせて抜け毛の原因となっているものを取り除き、その上で髪の毛の成長を促進させていかなければ意味がありません。頭皮を「畑」に例えれば、植物の根っこ(毛根の細胞)を食い荒らす害虫を退治しなければ、どれだけ優れた肥料を与えても丈夫には育たないということ。

髪の毛が抜けてしまう原因は男性ホルモン細胞内酵素の影響で変質したDHTジヒドロテストステロンが、髪を作る毛母細胞を破壊してしまうから。いわゆる頭皮の中にいる害虫なワケです。この害虫が多く発生する人はハゲるし、発生しない人はハゲないということ。害虫DHTの発生を抑する効果を持つ成分は、育毛剤には不可欠であり、抜け毛の原因を抑えつつ髪を成長させる効果をもたらさねばならないということです。

発毛に優れた成分であっても、「細胞の成長促進単一の効果のもの」や「保湿・頭皮改善効果ばかり重点をおいたもの」はイマイチ微妙であると言わざるを得ません。

さらに優れた栄養を含んでいたとしても、頭皮をにダメージを与える強力なアルコールや保存量、育毛にまったく関係の無い香料などで量増しされた育毛剤なども少なからず存在するのです。

以上の点を踏まえて買ってはいけない育毛剤について考えてみましょう。

【成分が微妙】私が買わない育毛剤とその理由


育毛トニックに分類されるものは買いません

育毛トニック


育毛剤と違い、育毛トニックといって薬局などでも安く売られている商品は一度は目にしたことがあると思います。サクセス・フレッシュリアップ・育毛精・スカルプジェット・フレッシュトニック柑橘EXなどなど他にもありますが、これらは共通して炭酸ガスを使ったジェット噴射とメントールの効果で非常に爽快爽やかな使い心地が特徴。

しかしこの育毛トニックの効果は「血行促進」のみに留まっており、抜け毛防止を目的とした成分は使われていません。さらに気がかりなのは、無駄に強烈なエタノールの刺激!肌が弱い人はヒリヒリして使えないばかりか、健康な頭皮に対してもアルコールの刺激は細胞を壊します。殺菌力があるとか書いてありますが、度が過ぎた殺菌力など求めていません。医薬部外品であるという表記も惑わされないで、育毛トニックはわざわざ買って使うまでも無い商品であるといえます。

医薬品のリアップ買うくらいならAGAクリニックへ
大正製薬が発売している育毛剤リアップ。CMなどもやっており、育毛を志す人なら一度は目にしているでしょう。これがなぜ使ってはいけない、買ってはいけないといえるのか?

リアップの育毛効果そのものを否定するつもりはありません。リアップに含まれるミノキシジルと言う成分は、皮膚科学会も唯一発毛に効果のある認可された育毛効果と言うくらい臨床試験のデータも持っています。しかしミノキシジルの主な効果は「血行を促進すること」頭皮の末端の毛細血管を刺激し、血流を促進することで髪を太く育てる効果があるということ。

ただし抜け毛を防止するという成分は入っておらず、本格的に効果を実感するのであれば別の育毛剤との併用する必要も出てきます。さらに心配されるのがミノキシジルの副作用の問題。私自身も副作用を経験していますが、効果の裏返しである副作用のある育毛剤を使うのであれば、クリニックで医師の診察の元処方してもらうべきであると私は思います。

>> ミノキシジルの副作用について詳しく解説

副作用のリスクを覚悟し自分で買ってリアップを使うか、しっかりと検査をしてもらい安全性を観察しながら医薬品を処方してもらうか、実質払う費用はそんなに変わりません。近くに病院が無くて通えないという事情をお持ちの方もいるかもしれないですが、医薬品育毛剤を安易に手を出すのは私は賛成しません。

医薬品のカロヤンシリーズ育毛剤は買ってはいけない

カロヤン


同じく数少ない医薬品育毛剤であるカロヤンガッシュを初めとするカロヤンシリーズの育毛剤。

カロヤンの主な育毛成分は「塩化カルプロニウム」と言う成分であり、公式の説明書を見ても効果は血行促進である点しか書かれていません。硬くなった頭皮の毛細血管を拡張して血流を良くし、髪を作る毛母細胞に栄養を送るという育毛にとっての基本を押さえていますが、やはり抜け毛防止に必要な成分は配合されていないのが残念。

医薬品である上に、ミノキシジルと同じくそもそも育毛のために開発された薬ではないので皮膚に対する副作用は当然あります。こちらももし使うのであれば、医師に相談してから私なら使いますね。最近は頭皮のタイプに合わせて、クールタイプやドライ肌用が売られていますが、主要な成分そのものは変わらないです。

カロヤン成分


さらに気がかりなのは、添加物としてわざわざ着色料(黄色5号)など使っていること。別に着色する必要ってありませんよね。見栄えを整えたいか分かりませんが、髪の成長のことだけを真剣に考えているとはいいがたいのでわざわざこの育毛剤を使う理由は私には分かりません。

目的を見定めて買うのが正しい育毛剤

以下は育毛剤の評価サイトではよく見るものを2種類。

こちらについては「買ってはダメ」というほど悪いものではなく、むしろ独自に研究機関を持っていて特許成分を使っているなど、育毛剤としての効果をまじめに追及しているものでもあります。

しかし注意したいのは、人によって効果がある・無いの差が激しいタイプであるということ。

何度も言っていますが、抜け毛・薄毛の症状は人によって異なります。そのため、どのような理論・理屈で頭皮にアプローチできるのかを理解しておかないと、評価レビューなどで見られるような効果が期待できないこともある点を知って欲しいと思い取り上げました。

安全性は高いが・・・安易に手を出すのは待ってほしいM-1ミスト

M-1ミスト


ここからはネットでも良く見かける育毛剤として、M-1ミストを取り上げます。独自開発した「酵母」が髪の毛の元となる毛母細胞の成長を促進させることができるとして、眠っている細胞を起こし、今ある髪の毛も太く丈夫に成長させることを目的とした育毛剤です。

確かにこの育毛理論と効果は素晴らしいし、何よりも肌への刺激物を一切使わず、アルコールすら排除した肌への優しさは高く評価できます。

しかしその一方で抜け毛の防止を目的とした、DHT抑制成分は含まれていません。医薬品と違い発毛の促進効果は緩やかなものとなりますから、なおさら抜け毛を防ぐ成分も使っていかなければ効果は薄い・・・効果なしと言う人が増えるのであると見ているのです。

育毛に勤しむ有志のブログなどを見ていると、何とM-1ミストと他の育毛剤を併用して使っているというレビュワーも多い。併用できるほど安全な育毛剤であることは間違いないのですが、いやそもそもそんなにお金あるならばAGAクリニックへ行くか、別の育毛剤に絞って使いなよ・・・と思ってしまいますね。まあ私自身もこれだけを単品で使うことは無いということから、買ってはいけない育毛剤に入れています。

独自成分が魅力的だが・・・ポリピュアEX

ポリピュア


M-1ミストと共通点が多い、独自開発のバイオポリリン酸と言う成分を配合したポリピュアEX。こちらは毛母細胞に髪を作る指令を送る、毛乳頭細胞の活性を高めるという成分であり、アプローチ先が微妙に異なっています。

M-1・・・毛母細胞(分裂して髪の毛そのものを作る)
ポリリン酸・・・毛乳頭細胞(毛母細胞の分裂を促進)

2つを同時に使いたいと思わせるような育毛理論です。

しかし同じくDHT抑制効果の成分は配合されてはいますがヒオウギエキスの1種類のみ。植物エキスなうえに、正直具体的なエビデンスには乏しい部分もある成分1種類で、どこまでAGAに対応できるかは疑問。

総合的に抜け毛防止から髪の毛の成長までカバーできる育毛剤であるとはいえないのが残念なところなのです。

非常に長く売れ続けており、市場の評価も高いことが見て取れるのですが、、、、育毛課長としてはこれだけ単品で使うのであれば、DHT抑制のためのプロペシアやノコギリヤシを配合した育毛サプリなどと併用したいのが本音です。そうなると結局費用もかさんでくるわけで、医薬部外品育毛剤としては低価格なポリピュアの魅力も半減してきてしまうのです。

あくまで単品で使うという選択であれば、ポリピュアも個人的にはおすすめできない育毛剤であるとしています。

海外から個人輸入する育毛剤は安易な購入はダメ

海外育毛剤輸入


海外からロゲインとかポラリス、プロペシアなどを個人輸入して使うという人がいます。かくいう私も買ったことはあるのですが・・・こちらも医薬品に分類される育毛剤です。育毛大国と言われるアメリカ発の育毛剤ですから、確かに効果は期待できますがやはり副作用が怖くて手が出ません。輸入するとほぼ同額で育毛治療が病院で受けられるようにもなってきたので、リスクを犯してわざわざ買う理由がみつからなくなりました。

>> 海外育毛剤の個人輸入に関する警笛

ここまで個別の育毛剤について私が微妙に感じるものや意見を述べてきたのですが、まだまだこれ以外にも育毛剤ってあります。というかありすぎますよ・・・把握してるだけでも50種類近く。これは大変だと思いながらも、やっぱり良いものはあるし、使ってみたいというものはたくさんあります。

薄毛を本気で治療するのであれば、しっかりと医師の診断のものと医薬品を使っていくことを育毛課長は推奨していますが、どうしても自宅で市販育毛剤を使っていく申していくのであれば、抜け毛防止成分・育毛成分が入ったものを使ってほしいと思っています。

>> 信頼できるAGAクリニックの選び方はこちら

>> 自宅でじっくりと育毛派におすすめはこちら

安全性が希薄な育毛剤は私は買いません

今まではあくまでも育毛剤の持つ効果について、買ってはいけない育毛剤を好き放題かいてきたのですが、次は肌への安全性と育毛剤の販売姿勢への疑問についての考察です。

育毛剤を色々比較してみても、どうしても分からないことがあります・・・それは配合されている数々の成分が、それぞれ一体どれだけの分量入っているのかということ。

薬事法の規定によると、医薬品であれば細かな配合分量を細かく記載する義務があるので分かりやすいです。「この育毛剤はほとんどがエタノールだな」とか、「ちょっと刺激強そうだな」とか・・・おおよその基準が分かるのです。

しかし医薬部外品・養毛化粧品・エッセンスなどに分類される育毛剤は全ての成分の記載義務はあれど、細かな分量の記載義務がありません!唯一の決まりは配合成分数が多い順に記載し、医薬部外品であれば特に有効な医薬品成分については別枠で記載するという決め事のみです。

極端な話、水がほとんどを占めていたりアルコールがほとんど占められていても傍から見た限りでは分からないということなんです。メーカーのサイトにも当然載っていません。厳密な医薬品でない場合は、どの成分がどれだけ入っているのか分からないという現実があります。

育毛剤を買うときのポイントとして、必ず成分をチェックします。

大抵はパッケージの裏に全成分が記載してあります。成分をチェックして、エタノールやパラベンといった保存料・溶剤・殺菌剤といったものが複数記載されているものは買ってはいけない育毛剤です。

アルコールの刺激が弱い人はもちろんのこと、肝心の成分の割合が少なくて塗ったそばから蒸発していってしまうものがほとんどだからです。せっかく買うのに余計な成分ばかりで占められていたのでは意味がありませんからね。

※精製水など水の配合が多いものもありますが、溶剤としてのアルコール類が少なければ低刺激性の点で評価してもいいでしょう。

注意点は、細かな成分については公式サイトなどでチェックできますが公式サイトでは全てが記載されていないことが多いです。パッケージを記載しているサイトならばいいですが、心配であればレビューサイトなどで成分の箱などを掲載しているものを見たほうがいいですね。

その他気をつけたいものは、香料とか意味不明に長い名前の成分が配合されたものは注意です。香料ははっきりいって育毛に関係ない成分ですし、長ったらしい名前のものは合成化学成分であるケースが多いので、入れられている目的を調べてから買ったほうがいいですね。

薬局などで売られている育毛剤の多くは、上記の懸念すべき項目に当てはまるものが多く効果を期待できないです。一度パッケージ裏を見て、成分をチェックしましょう。おのずと買ってはいけない育毛剤かどうかが分かりますよ。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

なぜ?買ってはいけない育毛剤とおすすめしない育毛剤の理由!関連ページ

たった1ヶ月で育毛剤の効果はでるのか?1ヶ月ではほとんど変化なし
育毛剤を使う誰しもが、とにかく早く効果を実感したいという悩みを持っているでしょう。ただしどうやっても1ヶ月では育毛効果を十分に体感するのは難しいといえます。
女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?実は使ってる人も多いんです
育毛剤といえば男性が使うイメージ。しかし最近は女性で薄毛の悩みを抱える人が増加し、女性用育毛剤もでてきています。が、まだまだ少ないしやはり効果を期待したい人に、男性用育毛剤を女性が使っていいものなのかを検証してみます。
育毛の壁!どれくらいで効果がでるか?
育毛剤の効果はどれくらい、何ヶ月くらい使えば体感できるようになるのか?これを知るためには髪の毛の成長サイクルを知り、効果の出方を把握する必要があります。
育毛剤を使うのをやめたらまたハゲてくる?一生付き合うべきなのか
育毛剤を使うのをやめたら、再び髪の毛は薄くなる。残念ながら育毛剤は根治治療ではないため、気を抜くと再びハゲるという状況を育毛課長自身も経験をしています。育毛剤とどのように付き合っていけばいいのかについて考えた結論を書いています
育毛剤の好転反応とはどんな効果?副作用と好転反応の違い
薬や病状の治療のテーマとして、好転反応という言葉があります。一見副作用のように悪化して見えても、良くなる前触れである症状があらわれること。育毛剤を使って得られる効果の中にも、同じように副作用か好転反応か分かりづらいものがあるのでまとめてみました。
2週間で髪が生える??
口コミや体験談を見ていると、わずか2週間で髪の毛が生えてきたというものがありますが、本当なんでしょうか?
育毛トニックは安いけど使わないほうが良いと判断した理由
育毛トニックを使えば皮膚表面にあるバリア機能が失われ、皮膚としての働きが行えなくなり、「育毛」以前の問題に発展する可能性があります。育毛トニックの主成分はアルコールと水が7割近くを占め、その他の成分が3割。アルコールは各主成分の浸透力を高める働きがあるため配合されていますが、その過程で皮膚にかかる負担が非常に大きく、肌の弱い方が使えば刺激を伴ったり、湿疹、皮膚炎等にもつながり兼ねません。
【プロテイン×育毛】タンパク質の摂取で髪の生成を促すことができるか?
髪の毛を生成しているのはケラチンというタンパク質が主成分ですが、ケラチンをプロテインなどで摂取すれば太く黒い髪を育毛することができるのかどうか?
無駄な射精が薄毛になる?亜鉛不足はオナニーのやり過ぎが原因?
「オナニーをすると薄毛になる」という噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、育毛課長の見解としては「オナニーと薄毛は無関係」という結論に至りました。 射精を行うと「亜鉛」が消費され、これが薄毛の原因と関わりがあると言われています。亜鉛はタンパク質を毛髪に変えるとても重要な栄養素であり、それが不足してしまうと薄毛の原因になると考えられています。しかし、一度体に取り込んだものがオナニー(射精)によって排出され、それが亜鉛不足を引き起こすとは、あまりに単調な考えとは思いませんか。
抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分とは?予防で使うべき育毛剤
育毛剤は髪の成長を助ける働きをするものですが、抜け毛の進行を予防し抑えながら効果を発揮するものがあります。将来に向けて、薄毛にならない予防のために使うべき育毛剤についてまとめています
転職面接するとき「ハゲ」てると評価が下がるって本当か?
転職が一般化し、新しいキャリアを求めて活動する人は増えています。一方で転職面接がなかなか上手くいかず、時にはハゲや薄毛が心象を悪くしているのではないか?という疑問をいだく人もいます。
生え際の毛は生えにくい?
多くの男性が悩むであろう薄毛の形態に、生え際がM字型に脱毛してしまうという症状があります。この生え際は育毛が難しいといわれる理由を検証します。
育毛剤の返金保障ってどうなの?ちゃんと返金されるのか?
育毛剤がこぞってアピールする全額返金保障!今では返金保証をしてくれる育毛剤が当たり前になってきましたが、本当に返金されるのか?どんなときに返金保証を使うべきなのかについて考えてみました
育毛剤の口コミは信用できるか?極論は自分で使うしかない
ネット上に溢れる育毛剤の口コミ。この口コミをどこまで信用するかは個人の判断ですが、結局育毛剤は自身で確かめなければ真実は見えません。
育毛剤のつけすぎは良くない?大量につけても効果は変わらない
育毛剤を早く効かせようと思って、たくさん頭皮に塗ってはどうか?という疑問がありますが、大量につけてもほとんど効果に違いはないです。適量を1日2回分けて続けていくことのほうが大切です
抜け毛は一日何本までなら正常なの?抜け毛を見て危険度を判断し対策しよう
人間の髪には1本1本に成長サイクルがあります。髪が生えるためには一度抜ける必要があるため、誰もが必ず抜け毛はあるということです。1日に何本まで髪が抜けても大丈夫か?何本以上ならやばいのかを検証します
貧血の人は薄毛になりやすい?貧血と抜け毛の関係性
貧血と薄毛の関係性として、貧血になると髪の毛の成長に影響はあるのか?という点や、貧血を起こさないためには日常のどのような部分に気を付けるべきかをまとめています。
育毛剤で染めた毛が色落ちする?そんな強力な育毛液は使うべきでない
育毛剤を使うことで、染めている髪の毛が色落ちしたり脱色してしまうのではないか?不安を抱える人がいますが、色落ちする育毛剤としない育毛剤があるので違いを理解しておく必要があります。
花粉症がひどいと抜け毛が増えてハゲる噂の真意!炎症には注意すべき
花粉の飛ぶ時期になると憂鬱になる人も少なくないと思いますが、花粉症は髪の毛の成長を害し、抜け毛を増やすとして不安をあおる記事がでてくるので注意!花粉と髪の毛の関係性の真意をまとめ、正しくケアしていけるようにしましょう。