髪の毛を成長させる為に、髪に良いことを考えた生活まとめ

育毛は総力戦!育毛剤をつけて終わりと言うものではありません

 

育毛剤は使う種類の成分や効果にもよりますが、抜け毛の原因を抑制し、髪の毛の成長を促進してくれるものです。自分の力ではどうにもできない部分を育毛剤の力で助けてもらうことは必須ですが、一方で自分でできる部分をないがしろにしてしまっている人が多いように思うのです。

 

強い髪の毛を作る基本となるのは体そのものが健康に髪を作る力を取り戻すことであって、日々の生活習慣も軽んじてはならないものであると考えています。

 

食事やストレス・生活のリズムに影響を受けてしまう薄毛と言うのは、生活習慣病の一つといっても良いのではないかと思うくらいです。

 

私「育毛課長」が長年育毛に関する情報を勉強し蓄積してきた知識を元に作り出した育毛プログラムをここにアウトプットしていきます。

 

育毛活動の始まり〜朝起きたら〜

1日の始まりです。朝起きたらまずすること!

 

育毛剤を塗る前に、温かいお湯やお茶を1杯飲みます。

 

夏でも冬でも暖かいものを飲むというのが基本。翌朝一番は水を飲むといいといいますが、よりベストなものは暖かいお湯

 

理由はまだ活動が活発ではない胃や腸などの臓器を活発にする為。朝起きてすぐと言うのは、まだボーっとしたりすぐに活発にはなりませんよね。内臓は特に顕著で、温かいもので血行を良くして起こしてあげることは代謝機能の向上に不可欠です。

 

お腹を壊したり消化吸収力が弱まることは、髪に栄養がいかない原因となるので朝一番はお湯などを飲んで落ち着きましょう。

 

※水を飲むことは様々な健康法でも良いと取り上げられています。今は私は1日に2リットルの水を小分けして毎日飲むようにしています。>>水を飲むと育毛によいとする理由はこちら

 

 

 

次にやることは顔を洗ったり髭剃りしながら、育毛剤を塗っていきます。

 

育毛剤は朝と夜の2回塗ります。まだ外からの汚れや皮脂分泌が活発でない朝のうちに塗っておくことで吸収効率を高めます。

 

今使っているイクオスIQOS育毛剤や、以前使っていたチャップアップなどはさらっとしてべたつきませんので、普通に塗って身支度していれば乾いてくるので気になりません。朝塗るときのことを考えて、ニオイなどもしない無香料の育毛剤を選ぶようにしています。

 

朝食は私はご飯と味噌汁、それに「豆乳」を飲みます!別に牛乳でもいいと思いますが、私は牛乳飲むと腹下すので豆乳です。豆乳はご存知おすすめ蛋白源の大豆ですし、育毛に良いとされるイソフラボンを摂取できますのでおススメです。最近は調整豆乳という飲みやすいものも売られています。

 

>> 育毛に良い食事と栄養素のまとめ

 

食事はあくまで栄養補給ですから、直接髪が生えてくるものではないですが、髪の毛は自分が食べたものからできているのは間違いないことですよね。食べるものは日によって代わりますが、基本的に朝はしっかり食べるようにしましょう。

 

お昼の育毛のためにする生活改善行動

私は営業の仕事で外回りしたりしてるのですが、どうしてもデスクワークもあります。ずっと同じ体勢の続くような仕事してる人は、なるべく体を動かして血流が悪化しないようにしましょう。

 

デスクワーク

 

首周りは特に重要で、1時間に1回は首を動かしたりマッサージするなどしてほぐしましょう。これやるだけで肩こりも楽になります。

 

>>姿勢が悪いとハゲる?何気ない行動も見直そう

 

 

 

昼食はなるべく脂っこいものを控えるようにしています。以前は仕事柄コンビニ弁当やマクドナルドで済ませてしまうことが多かったのですが、今では定食屋さんなどで和食を食べます。金額もこちらのほうが安上がりです。

 

休憩時間はなるべくとるようにし、静かにリラックスする時間を作ったりちょっと近所を歩いて運動するなどしています。体を動かすのはストレス発散にもなるのでおすすめ。

 

>>育毛に最適なのは有酸素運動だ!

 

重要な夜にすべき育毛のための生活改善行動

さて仕事も終わって家に帰ってきたら、育毛に良い食事などを摂ります。

 

ちなみに私は嫁さんにもしっかり教育済みですので、非常にヘルシーな食事が並びます。

 

育毛に良い食事!

 

こんな感じでタンパク質やビタミン・ミネラルを意識したものを中心にしています。ご飯は五穀米を使っています。

 

育毛サプリメントなどを飲む時は、この食後のタイミングで飲みましょう。私はイクオスのサプリメントを飲んでいます。健康サプリを作っている小林製薬に勤めている友人がいるのですが、食後が最もサプリの吸収効率が良いそうです。

 

 

 

お風呂ではおススメのお風呂の入り方も参考にしてみて下さい。

 

頭皮を洗う時のシャンプーですが、使っているのがGrowthProjectアロマシャンプーと言うもの。低刺激で頭皮の健康を考えぬかれており、洗い終わったあともしっとりとしている感じを気に入って使っています。シャンプーで毛が生えるということはないので、さっと汚れを落とす程度で液もごく少量使って済ませるようにしています。

 

シャンプーを終えたらドライヤーで頭を軽く乾かします。

 

最近はシャープがプラズマクラスターが薄毛改善に効果的であるという発表をしました。眉唾な理論だけに信憑性は今後の検証次第ですが、物は試しいということで育毛用のプラズマクラスタードライヤーを購入して使ってみることにしました。

 

※育毛用ドライヤーの効果のほどは・・・まだ検証中。私は短髪ですので軽く当てているだけですが、確かに乾いた後に頭皮がきしむ感覚は無くなってくれているのが嬉しい。もっぱらメインでは嫁さんが使うようになってしまっています。

 

よく自然乾燥する人がいますが、これは髪のプロの美容師いわく自然乾燥では髪を痛めやすいそうです。熱を当てすぎないよう注意しながらさっと乾かしていきます。

 

 

 

髪の毛を乾かしたら最も浸透が期待できるこのタイミングに、育毛剤を塗っていきます。

 

育毛剤は適量塗ったら、マッサージして頭の皮膚をほぐしていくと浸透性が高くなります。

 

>>育毛剤の効果を出す正しい使い方

 

ここで頭皮しかマッサージしない人がいるのですが、同時に肩や首も動かしてほぐしていくと効果的!頭皮全体がじわっと温かかくなるような感じになりますよ。

 

 

 

ここまで終わったらなるべく早く寝るようにしましょう。育毛に睡眠時間は必ず確保する!

 

髪の毛は毛母細胞の分裂によって生成されていきます。細胞の分裂には成長ホルモンの働きが関係していて、成長ホルモンは4時間以上のまとまった睡眠をとるときに分泌されます。少しでもしっかりと睡眠時間をとって髪の毛の成長を促すようにしましょう。

 

寝ることは頭皮の健康にも本当に重要であると感じています。きっちり睡眠をとるようにしてから、頭皮のカサカサであるとかニキビっぽい炎症もほとんどできなくなりました。肌の調子がすこぶる良いので、炎症を抑えて髪の毛が育つ環境を整えるには睡眠は本当に欠かせないと実感している次第です。

 

育毛に良い生活習慣の改善まとめ

ざっとここまで非常に長くなってしまいましたが、育毛課長が日々気をつけていることをまとめてみました!

 

男性型のハゲの主原因たるAGAの原因と特徴は理解した上で自分に合った育毛剤を使っていくのはもちろんですが、そもそも髪の毛を作っているのは私たち自身が食べた食べ物であり、普段の生活が体に与える影響を受けているのは当然です。

 

実際にはこれにプラス、週に数回はウォーキングして有酸素運動をしたりしています。また食事はストレスにならないように、たまにはステーキ食べたり脂っこいものも食べます。ダイエットと同じで、何でもかんでも極端に制限してしまうのはNG!適度にご褒美も必要ですし、好きなことをするのも大事。

 

地道な育毛活動が苦痛になったり面倒になったりするのは長続きしなくて効果が出ないです。自分なりのリズムやバランスのとれる生活を作り上げて、育毛成功のために頑張っていきましょう!!

 

現在育毛課長が使っている育毛剤のレビューはこちら

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら