育毛剤の効果の違いとは?最適な育毛剤選びの方法

 

育毛剤を使う理由

 

それは髪が抜けて薄くなってしまった頭髪を元に戻すためですが、育毛剤が髪の毛の成長にどのような影響を及ぼすのかをまずは知っておくべきだと思います。

 

育毛剤の種類はたくさんありますが、それぞれ髪を生やすという目的は同じ。されど髪が生えるためにどのようにアプローチしていくのかは違いますので、しっかりと違いを認識して使い分ける必要がありますね。

 

育毛剤には、大きく分けて3つの効果に分類されます。育毛剤がもつ本当の効果を知り、自分の頭皮に最適な育毛剤を選ぶ必要があります。

 

男性ホルモンによる脱毛因子を抑える

こちらは育毛というよりも、抜け毛の防止に焦点を当てた効果が期待できるタイプです。

 

男性型の抜け毛(AGA)と呼ばれるものは、男性ホルモンが原因で発生することがわかっています。男性ホルモンの一つ「テストステロン」が、体内にある酵素の5αリダクターゼというものによってジヒドロテストステロン(脱毛因子)に変性します。これが頭皮の異常な皮脂分泌やバランスを崩すことが分かっていて、抜け毛の最大要因とされています。

 

この中でも、5αリダクターゼの働きを抑制できる成分がいくつか見つかっていて、脱毛因子の発生を抑えることができるというものです。

 

代表的な育毛剤

プロペシア

医薬品
フィナステリド

AGA治療薬の代表。
処方箋をもらうか海外からの輸入でしか手に入らない。
効果は最も期待でき、他の塗るタイプの育毛剤と併用して使うことが可能。
副作用として、精力減退・体毛が濃くなるなどがある

 

その他に、同じような効果を持つ天然成分として
ノコギリヤシ種子エキス(ブブカサプリ・ボストンサプリなど)
オウゴンエキス(ブブカ・ナノインパクト+・プランテル)
ヒオウギエキス(ブブカ・ナノインパクト+)
アゼライン酸(ロゲイン)
亜鉛などが分かっている。

 

これらはその他の育毛剤にも配合されているが、効果そのものは弱く正式な有効成分としては認められていないです。

 

 

 

頭皮の血行を促進・保湿・抗炎症など頭皮環境を改善する

育毛剤として最もメジャーなのがこのタイプです。

 

主に頭皮の環境を改善し、育毛に最適な髪が成長しやすい状態にするというのがこの育毛剤の効果と目的。

 

頭皮の炎症を抑える成分でかゆみなどを抑制し、保湿成分で感想によるダメージを防ぎます。その上で血行を促進する成分を浸透させ、毛母細胞にしっかり栄養が届くようにしてくれます。

 

ただし髪の成長をサポートするのが主な効果なので、これ塗っただけでは目に見えた効果は薄いです。育毛剤としての効果をとことん期待するならば医薬品にかなうものはありません。

 

医薬品としてミノキシジルなどがありますが、副作用などもあって万人におすすめできるものとはいえないのが現状。

 

また生活習慣が乱れていたりすると、目立った効果を得られないままのケースが後を絶ちません。ネットで買えるものや市販の育毛剤を使う場合には、必ず生活の中で育毛のために工夫できることをやっていく必要があると思います。

 

代表的育毛剤

リアップ
ロゲイン

第一類医薬品
ミノキシジル

本家はロゲイン【米国製】
もともとは心臓病の薬成分で、血行を促進する効果がある。
副作用として、頭皮の炎症など訴える人が多い。

育毛剤ブブカ 医薬部外品 32種類の成分で総合的に頭皮環境を改善することを目的とした育毛剤。低刺激で頭皮に優しい作り。
ナノインパクト+ 医薬部外品

39種類もの成分を配合し、複合効果を狙う。
低分子化技術に長け、頭皮への浸透性が高い。

薬用プランテル 医薬部外品

生え際への効果を訴求した育毛剤。
成分はブブカと酷似するが、配合数は少ない。

利尻ヘアエッセンス 医薬部外品

利尻コンブのエキス配合ということで保湿力に優れる。
乾燥肌の人に相性がとても良い育毛剤。

 

 

 

 

毛母細胞を活性化し髪の成長を促進する

 

髪の毛を成長させている「毛母細胞」「毛乳頭細胞」など細胞そのものを刺激・活性化させることによって発毛を促すというもの。

 

独自の研究理論を持っていることが多く、医学的根拠には欠けるが研究技術は大いに評価できるものが多いと考えています。

 

髪の毛が細くなる薄毛の人や、生まれつき髪が細い猫毛の人などが効果を体感しやすい。

 

血行促進などのタイプと同様に、髪の毛が育つ土台(栄養や睡眠など)が整っていない場合には効果は出にくいです。

 

M-1育毛ミスト 医薬部外品 加水分解酵母エキスによって、髪を成長させる細胞の繊毛を成長させることに成功。繊毛が長くなることで、髪の毛を発育させる信号がより多く出るのが確認できたという育毛剤。
薬用ポリピュアEX 医薬部外品

特許成分バイオポリリン酸の効果で細胞を活性化させる。
この成分は酵母であり、上記M-1の技術と良く似ている。
このポリリン酸が細胞に働きかけることで、毛髪の成長サイクルを正常化し長期的に丈夫な髪を成長させてくれるという技術です。

 

 

このように育毛剤もいくつかの特徴に分けられます。
中には幾つもを掛け合わせて使うというつわものもいますが、自身の頭皮の状況に合わせて最適な育毛剤を選ぶことが育毛への近道になると思います。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら