スカルプエッセンスと育毛剤の違いを比較して解説

スカルプエッセンスの違い

 

薄毛や抜け毛が気になり始めたとき、「自分もそろそろなのかな…」と頭をよぎります。そこでドラッグストアに足を運んでみたり、ネットなどで色々調べてみると、薄毛治療、頭皮ケア商品には従来からある「育毛剤」に加え、「スカルプエッセンス」というものが知名度を高めてきています。

 

更にもっとよく見てみると、「発毛剤」「養毛剤」と細分化されていたり、一体何を選んでいいのか分かりません。結論から言うと、育毛剤と発毛剤・養毛剤はほぼ同義。しかし育毛剤とスカルプエッセンスは明確にその定義が異なります

 

ただ、それによって大きな育毛効果の違いがあるかというとそうではありません。ここでしっかり基礎知識をマスターし、正しく育毛剤・スカルプエッセンスを選ぶことができるようになりましょう。

 

育毛剤とスカルプエッセンスの違い比較

育毛剤とスカルプエッセンスの違いは、「厚生労働省の認可を受けているか否か」の違いがまずあります。

 

育毛剤は厚生労働省が定めた成分が配合されており、効果の根拠と安全性が高い。

 

スカルプエッセンスは化粧品という扱いですが、厚生労働省の定めた成分以外でも配合可能。最新の成分を一早く配合できる。

 

育毛剤として厚生労働省の認可を受ければ「医薬部外品」としての箔・ブランドを頂くことができて、成分の効果・効能について許可する範囲で謳うことができるようになります両者の違いを簡単にまとめると次のようになります。

 

  厚生労働省の認可 分類 効果・効能の表示 有効成分の表示
育毛剤 医薬部外品
スカルプエッセンス 化粧品

 

こうして見ると、スカルプエッセンスが育毛剤に対してとても劣っているように見えますよね。しかし、「厚生労働省の認可」というのは、悪く言い換えれば国に対する媚売り・国民に対する安全性のアピール(広告)に過ぎず、効果・安全性の優劣を決定付けるものではないのです。

 

これはあくまで形式的な違いであって、商品として流通させるための経緯が異なっているにすぎない点に注意。「髪を生やす」という目的・ゴールに関しては育毛剤もスカルプエッセンスも同じなのですが、配合される成分に大きな違いが出てきます。

 

配合される成分が違ってくる理由を詳しく解説

まず「育毛剤」として自社商品を国に認めてもらうためには、国が定めた厳しい基準をクリアしなければなりません。

 

そのためには「新成分を配合したくても国が規制していて配合できない」「せっかく効果が高いのに配合量が制限されている」「早く商品を広めたいのに審査に時間がかかる(通常半年〜1年)」など、制約が多いのです。更に、厚生労働省の認可を受けるための審査は、客観的データに基づく資料の提出が求められ、「審査」なので半年〜1年待って「NG」の判定が下されることも日常茶飯事です。

 

スカルプエッセンスは厚生労働省が定めた成分以外でも、安全性を確保したうえで最新の成分を配合できるというメリットがあります。医薬・化学の世界では、時間こそが全てですから、最新の育毛技術を体験したい場合は、スカルプエッセンスの方が技術革新が進んでいます。

 

育毛剤とされてる商品と比較した際のデメリットは、スカルプエッセンスは企業内で完結しているため第三者の目が行き届いてないという点。しっかりした臨床試験などは経ておらず、副作用などのデータも十分ではないです。

 

新たに発見された商品でも、化粧品という枠組みであれば認可なしで自由に配合できます。考え方次第ですが、スカルプエッセンスはハイリスク・ハイリターン、育毛剤はローリスク・ローリターンと判断することができます。

 

育毛剤とスカルプエッセンスの「効果」の違い

「効果の高さ」で選ぶのであれば、スカルプエッセンスには優れた成分を配合したものが増えています。

 

成長因子・新成分キャピキシルをいち早く取り入れているDeeper3D、医薬品に迫る効果が期待されるピディオキシジル配合のフィンジアなどが該当します。これらはひとえに、スカルプエッセンスとして化粧品の枠組みで売るからこそ、新たに発見された成分を配合できているものなのです。

 

ある意味では制約を受けずに、開発者の理想とする成分配合を実現できるもの。あえてこだわりたいがために、医薬部外品の認可を受けない考えの商品もあります。

 

医薬部外品としての制度上の実態・表現上の都合を理解している賢い方であれば、スカルプエッセンスを選ぶという選択肢は十分にありといえます。

 

もちろん安全面でのリスクもありますが、「失うものは何もない」と腹を括り、やれることをやりたいと感じている方も多いのが現状です。安全性ばかりを求めて、効果の低い育毛剤に頼るのは時間の無駄ですからね。

 

育毛剤とスカルプエッセンスの「安全性」の違い

「安全性」で選ぶのであれば、医薬部外品指定された育毛剤です。

 

今世間に出ている「育毛剤」は、技術的には半年〜1年前のものです。これは先程も解説したように、厚生労働省の審査に時間がかかってしまうからです。ですから、効果の面での期待は薄いのが現状です。その代わり、世に出る前に第三者機関が厳しくチェックしており、そのお伺いを立てる段階での企業としての努力も施されているため、安全性については間違いありません。

 

例えば、過去にスカルプエッセンスを使用して肌が荒れた・抜け毛が増えたなど、副作用を伴った経験がある場合は育毛剤を選んでみると良いでしょう。

 

初心者が最初に手に取るなら育毛剤

育毛剤を選ぶかスカルプエッセンスを選ぶか、これは賛否両論ありますが、初めて手に取るものなら「育毛剤」がいいです。

 

新しく発見された育毛成分など、効果の高さだけで見ればスカルプエッセンスの方が魅力的ですが、「比較的安価で」「安全性が担保されている」という二大メリットには勝てません。例えば、育毛剤を使って効果がなければスカルプエッセンスという選択肢が残されていますが、スカルプエッセンスを使ってダメだった場合、頼るものはAGAクリニックや膨大なお金がかかる専門治療しかありません。

 

逆に育毛剤を使って効果があれば、これほど嬉しいことはありません。両者のメリットを自分の過去の経験や生活スタイルに当てはめて、最適なものを選んでみて下さい。

 

全て買って使って検証した育毛剤の評価まとめ

 


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

スカルプエッセンスと育毛剤の違いとは?効果・安全性の比較関連ページ

バイタルウェーブ育毛剤のリアルな口コミから分析する育毛効果まとめ
口コミで人気になっているバイタルウェーブスカルプローションを取り寄せて検証してみた結果、成分も浸透力にも優れた育毛剤であることが分かりました。キャピキシル配合の育毛剤の中でも、価格が安く抑えられて効果が高いバイタルウェーブを詳しくまとめています