おでこの広さと薄毛は関係ない!原因を正しく知ること

オデコハゲ

 

おでこが広いとハゲやすい』というような、いわゆるおでこの広さと薄毛の関係は昔からいわれてきました。

 

小さいころから「将来お前はハゲるぞ」とからかわれたことはないでしょうか。10代や20代の頃からおでこが広いことに悩んできたという人は多いのです。

 

生まれつきデコが広く、生え際が後ろにあるとハゲる体質なのでしょうか。

 

結論から言うと、おでこの広さと薄毛には科学的な因果関係はないとするのが一般的な見解です。生まれつきおでこが広いことと、薄毛になり生え際が後退することは分けて考えるべきことなのです。

 

生え際が薄毛になってしまう要因の一つは、科学的に原因が分かっているAGAという症状。

 

AGA

AGAの詳細な仕組みと対策方法はこちら

 

また、食事による栄養不足、睡眠やストレスによる頭皮血流の悪化、日焼けやシャンプーによる頭皮のダメージ、加齢による毛母細胞の衰えなど、薄毛に至るには様々な原因が絡み合って起こります。

 

いずれにしてもオデコが広いために薄毛になるものではなく、遺伝的にホルモンの影響を受けやすい体質と、日々の生活習慣によって抜け毛が進行していくものです。

 

もしこの記事を読んでいるあなたが、生まれつきのオデコの広さで将来的な不安を抱えているなら、過敏に心配しないでください。髪を必要以上に気にすることも、ストレスとなって薄毛のトリガーとなることがあります。

 

生まれ持った生え際の位置を変えることはできませんが、必ずしもハゲることはありません。髪や頭皮を傷めないための知識を学びつつ、これからの生活を気を付けていくようにしてください。

 

歳を追うごとに徐々にオデコが広くなってきてる場合

オデコの広さとハゲやすさは必ずしも一致しません。ただし、歳を追うごとにおでこが広くなってきたという人や最近急に生え際が後退してきたという場合には要注意。

 

そもそも生え際はAGAによる影響を受けやすい部位です。オデコが生まれつき広い場合は、生え際が後退を始めたときに目に見えて分かりやすくて目立ちます。AGAは20代など若いうちからも発症する上、毛が抜けるスピードが極めて速い特徴があります。

 

20代から30代の若さでは、毛母細胞はまだ老化していません。生活習慣やストレスであれば、オデコだけでなく髪全体に影響が出てきます。生え際が気になっている場合はAGAの可能性が高いため、気になったらすぐにでも対策を始めることをおすすめします。

 

若いうちからの薄毛は気になったら早期に対策すべき理由

 

女性の場合は髪を後ろに結ぶことも多いため、前髪を後ろに強く引っ張るような髪型を長時間している場合には薄毛になりやすいといわれています。(参考:女性で生え際が後退してきたという場合はどうする?

 

歳を重ねるごとに生え際が後退してきたという場合には生まれつきではなく、遺伝などの可能性も考えられるため、このような状況に悩んでいる場合には本格的な薄毛対策を考えましょう。

 

コラム『おでこが広い』と『薄毛』の違いはどこからが基準?

ただ単におでこが広いのであればそこまで心配する必要はありませんが、もし生え際が後退してきて薄毛の状態にあるのであれば、なるべく早く薄毛対策を始めたいところです。

 

このおでこの薄毛の基準ですが、一般的には7センチ以上が薄毛を疑うべきおでこの広さといわれています。このおでこの広さは眉山から髪の生え際までを直線で結んだ距離です。

 

男女ともに平均は5~6センチといわれていますので、7センチ以上あると客観的に見ても広いと感じるようです。指の本数で言うと、人差し指、中指、薬指の3本がちょうど収まるくらいであれば平均的で、小指を含めた4本が収まるくらいであれば平均よりも広いといえます。

 

基本的に女性の方が男性よりもおでこの広さには敏感であり、女性の方がよりおでこの広さが目立つ傾向にあるようです。このため、髪型にもよりますが、前髪を分けている場合などには7センチ以上なかったとしても、平均を超えるおでこの広さである場合には髪の毛が薄く見られがちです。

 

生え際が後退してきたと実感したら実践したい薄毛対策

医師

 

生え際が後退してきた、薄毛が進行してきたと感じる場合にはなるべく早い段階で薄毛対策を実践しましょう。遺伝が原因の薄毛の場合には完全に食い止めることは難しいですが、その進行スピードを遅らせることはできます。

 

第一に、AGA治療・診断を専門とする病院(AGAクリニック)で診察だけでも受けるべきです。

 

育毛のために見直すべきは生活習慣といわれますが、もし男性ホルモンによる遺伝的薄毛要因を抱えていた場合、生活改善だけでは薄毛を食い止められません

 

薄毛の原因が何なのか、ホルモンによるAGAか、生活習慣なのか、それとも頭皮の病気によるものか?薄毛は原因が多岐にわたるだけに、専門医によるはっきりした原因究明をしてもらうのが確実です。

 

市販の育毛剤を使う場合にも、オデコから生え際に使う場合には生え際の特性に合った成分を配合した育毛剤を使うようにします。まだ大きくM字状にハゲ上がる前の段階であれば、育毛剤でも対処できるためいずれにせよ気づいた段階で行動をすることが重要です。

生え際の薄毛に対応した成分を含む育毛剤

 

生活習慣の見直しもおろそかにしていいわけではない

食事

 

オデコが広い人が生え際の後退を食い止めるためにできることは、食生活をはじめ、睡眠や入浴方法などがあげられます。

 

まず、薄毛になりやすい人の多くは脂っこい脂質が多く含まれている食事を好む傾向にあります。脂質を多く含む食事を頻繁に摂っていると、毛穴からの皮脂の分泌が過剰になり、頭皮の毛穴が皮脂で埋まってしまいます。

 

こうなると正常な髪の毛の成長が阻害されてしまい、髪の毛が未発達のまま抜けてしまうのです。今までの食事を思い返してみて脂っこいものを食べ過ぎていると感じる場合にはヘルシー志向にシフトしましょう。これと同時に、毛穴の皮脂をしっかりと流し切る入浴方法も重要です。

 

髪の毛を洗うのではなく、あくまでも頭皮を指の腹でマッサージするような洗髪方法を心がけましょう。このほか、睡眠は成長ホルモンの分泌を促すのに大変重要ですし、喫煙などをしている場合には頭皮の血行不良を引き起こすことも分かっていますので、なるべく本数を減らすようにしていきましょう。

 

薄毛対策は日々の積み重ねが大切

ここで見てきたように、『おでこが広い=薄毛になりやすい』という関係は成り立ちません。ただし、生え際の後退が進行しているという場合には要注意です。まずは薄毛専門医への受診をし、原因を突き止めてからより本格的な薄毛対策をしていくことになります。

 

生活習慣の見直しによる薄毛対策はすぐに効果が表れるものではないため、不安になることも多いでしょう。しかし、日々の積み重ねが大切であることは間違いありませんので、自分の出来る範囲からコツコツと始めていきたいですね。この積み重ねが健やかな頭皮環境を作ってくれるはずです。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

生まれつきオデコが広い人はハゲやすい?早くから育毛剤使うべきか関連ページ

薄毛で同窓会に行きづらい!いじられるの嫌なら早めの対策を
忘れたころにふとやってくる同窓会のお誘い。髪が薄く見るからに老けてしまった男性にとっては、参加するかどうかは勇気ある決断になります。割り切れてるならいいのですが、やはりいじられると嫌だし穏便に済ませたいというのが本音でしょう。
薄毛は老けて見られる!実年齢よりはるかに年配に見られる悔しさ
薄毛を克服して、育毛を決意したエピソード。実年齢以上に見られ、10歳は年配に見られてしまう。彼女と歩いていて「お父さん」と間違われたり、おじいちゃん扱いされたり、そんな悔しい思いで育毛を始める人は多いです。
就職先でハゲ・薄毛をいじられて辛い時どう乗り越えた?
新社会人の就職や異動で職場が変わると、人間関係も大きく変わりストレスが溜まることがあります。さらに追い打ちのように、自前のハゲや薄くなった頭をいじられ、イジメのような仕打ちを受けることもあります。こんな時どう対処すべきか?体験をもとにまとめてみました。
精神的・心理的ストレスでハゲないために育毛で重要なこと
人間生きていると、色々なストレスや精神的なダメージを追うことがあります。薄毛や抜け毛の原因にはストレスによるものもあり、育毛という点では対策すべきことです。どうしようもない苦しみのさなか、髪のためにできる重要なことを書いています。
子供にカッパと言われる衝撃!ハゲは子供にとって遊び道具である
ハゲは子供にとって最高の遊び道具の一つである。これは間違いのない現実であり、分かりやすい頭頂部のハゲはカッパとか太陽とか「眩しい」という容赦ない呼ばれ方をします。子供に馬鹿にされたくなくて、育毛を始めようと思う人は少なくありません。
父の日に育毛剤を買うのはあり?嫌味に思われない?もらう側の本音
父の日のギフトプレゼントとして、育毛剤やシャンプーという選択肢があります。ヘアケアアイテムを贈るとなると、嫌味に思われないか不安に思うこともあるとおもいますが、実際にもらう側の本音や贈ったことがあるというエピソードを集めてみました。
風が強い日に髪型が気になって消耗するなら早めに育毛始めよう
風が強く吹く日は嫌だ。そう、ハゲがばれないようにセットした髪型が乱れ、地肌が露出するのは恐怖なのである。風対策で消耗する前に、早めの育毛で強風を気にしない頭皮を取り戻すべきである
いつから育毛剤を使うべき?使用ユーザーの傾向もリサーチ
育毛剤は何歳から使うべき?実際に育毛剤を使っている人はどれくらいから使用を検討しだしたか?その理由についてもアンケートをもとにリサーチしました。