風邪で毛は抜けないが抜け毛が増えたように感じる仕組み

風邪で毛は抜ける?

 

育毛課長、不覚にも風邪で寝込んでおりました。35歳も過ぎると、なかなか風邪が治らなくて大変です。仕事もしないといけないし辛いものですが、こんな時でも自分の髪の毛のことが真っ先に心配になってしまいます。

 

体調を崩し風邪をひくと、なんとなく抜け毛が増えたり髪の毛が力なくペチャっとしてしまうという経験ありませんか?

 

現実には、風邪で熱を出して少々寝込んだとしても、すぐさま髪の毛が抜けてしまう心配はありません。一夜にして白髪になったりツルッパゲになるようなことは無いのでご安心を。髪の仕組み上、抗がん剤などの強力な薬の作用でもなければ一度に大量に抜けることはありません。

 

ただし、風邪で体の抵抗力が落ちて弱ることで、頭皮を初め目に見えて影響がでてくることはあります。このため、抜け毛が増えたように感じたり、一時的に薄毛の面積が増えたように見えてしまうことがあるのです。

 

なぜ風邪で体が弱ると髪にも影響するのか?について検証しています。

 

肌のハリが弱くなり休止期の髪が抜け落ちやすくなる

風邪で熱が出て元気がなく、栄養も満足にとれないというとき、手や顔のしわが増えていることがあります。これは水分や栄養が不足して肌のハリが低下しているため。当然頭皮のハリも失われています

 

私たちの髪の毛は、1本1本が異なる寿命(ヘアサイクル)を持っています。

 

ヘアサイクル

 

ヘアサイクルの中には、すでに成長段階を終えて、新しく細胞が生まれ変わるために抜ける準備をしている「休止期」という毛が多数あるのです。この休止期の毛は、すでに毛根から切り離されているために抜けやすい状態。しかし毛根は意外と深いために、すぐには抜けずに一定期間とどまっているものが相当数あるのです。

 

風邪で皮膚のハリが弱ることで、休止期の髪の毛を保持する能力が失われます。抜け落ちずに頑張っていた毛も抜けやすくなりますから、普段よりも大量に毛が抜け落ちてしまうとうこと。

 

あまり気分の良いものではないのですが、人間の髪の毛はハゲでない人でも、1日100本から200本は抜けるのが正常な状態。本来抜ける予定だったものがたくさん落ちてくるように見えるのが風邪で弱っている時の特徴であり、風邪により薄毛が一気に進行するというものではないのです。

 

頭皮のハリが弱ることで毛が弱々しく寝てしまうこともある

風邪をひいたときに多くの人が経験するのが、髪の毛自体が力なくコシがなくなり、ペチャっと寝ているような状態になってしまうこと。

 

これも、肌のハリが弱くなることで、髪の毛自体も弱った皮膚に応じてピンと張った状態が維持できなくなり、一時的にですが毛がペチャっと寝てしまうような状態になってしまいます。

 

しっかりとした土壌に生える植物はまっすぐに伸びますが、土が弱く崩れやすくなっていると倒れてしまうのと同じような状況と言えます。

 

このため普段以上に髪の毛が弱々しく、場合によっては地肌の露出が増えたようにも見えます。まるで薄毛の面積が増えたのではないか?というように見えてしまうのです。

 

あまり動かないので多くの髪が抜けたように感じる

もう一つ補足として、風邪で弱っているときはずっと寝ていたりして動きも少なくなります。

 

本来は日中動き回ったりしているうちに、自然に抜け落ちてどこかへ飛んで行った髪の毛も相当数あるものです。

 

自分自身が動かないことで、目に見える範囲(枕元とか肩の上とか)に見えるようになってしまうために、風邪のせいで大量に毛が抜け落ちてしまったと思い込んでしまうものです。

 

プロテインなどで栄養を取って回復を待とう

風邪で寝込んでいるときは、何かと栄養補給が難しくなりがちです。食欲がなくなったりすることもあるし、胃腸風邪がをひいたときは下痢なども起こして何か食べることすら遠慮しがち。

 

しかし栄養を取っておかないと、それこそ髪の毛の成長を停滞させてしまい、抜け毛を増やす間接的な要因になる可能性は否定できないものです。

 

髪の毛は食べた栄養で成長し太くなるものですから、必死に育毛剤をつけているだけではダメです。栄養が足りなくなりがちな風邪の時ほど不足ないように注意すべきであると思っています。

 

私はプロテインが家にあったので、食事が喉を通らないときでもプロテインで代用して欠かさず飲むようにしていました。プロテインは消化しやすいタンパク質を含んで胃腸にも優しいですし、ミネラルやビタミンを効率よく補給できるので風邪の時以外でも育毛には欠かせないものです。

 

風邪を引いたときには優秀な髪への栄養源となりますから、薬局へ行くついでに口に合うものを買っておきましょう。私は少しでも髪に良いように、アンファーのAGAプロテインを常備して飲み続けています。

 

また熱で寒気がすることで水分補給がおろそかになったり、寝ているときに汗をかいて水分が足りなくなることもしばしば。水分不足は髪の毛以外にも健康によくありませんから、風邪を引いたときの鉄則として温かい白湯を定期的に飲むようにしていきましょう。

 

風邪が治った時に再び丈夫な髪の毛を育毛していくために、栄養補給と水分補給は欠かさず行いたいものです。

 

補足:ミノタブなど飲んでる場合は動悸に注意・・・

育毛剤の中には、医薬品として飲むタイプのミノキシジルがあります。ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)と呼ばれるもので、AGAクリニックで処方されたり個人輸入で買っているという人もいるかもしれません。

 

ミノキシジルタブレットは風邪の時に飲むと、心臓がバクバクしたり、なんとなくそわそわとして落ち着かないなど軽い動悸のような症状が出ることがあります。これは以前私自身も経験しており、ミノタブを現在も飲み続けている知人の口コミなどでも聞きます。

 

原因としては風邪で体全体の機能が弱っているため薬の作用が過剰に感じやすいというのと、風邪薬などと一緒に飲んでしまうことの影響が考えられます。

 

通常の塗るタイプの育毛剤や、育毛サプリであれば飲んでも影響はなくむしろ栄養補助のために飲むべきかと思いますが、ミノキシジルタブレットはもともと心臓疾患で使用されているくらいの強い医薬品であるために風邪の時には控えておいた方が良いと思います。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

風邪をひいたときに抜け毛が増えるのはなぜ?髪も弱く寝てしまう関連ページ

AGA男性型脱毛症の特徴とAGAを早く治療しなければいけない理由?
男性の脱毛の90%以上を占めるとされる男性型脱毛症AGA。ここ数年知名度を上げてきた名前ですが、脱毛の原因が特定された対処しやすい症状です。
頭の片方だけ薄毛になってハゲるのはなぜ?左右ではげ方違う原因
ハゲに悩む人は多くいますが、中でも頭の片側だけ薄毛が目立ったりするなど、ハゲ度合い・進行に偏りが見られる人もいます。なぜ片方だけ薄毛が進行したりするのか?原因を検証してみます
ヘアサイクル(毛周期)を知ることが薄毛・ハゲ改善の近道
髪の毛は一度抜けても、再度同じ場所から生えてきます。この髪の毛が抜けては生えてくるというサイクルのことをヘアサイクル(毛周期)と言います。髪の毛一本一本には寿命があり、その成長過程を知ることが薄毛対策には大切です。
頭皮がベタベタするのはAGAの予兆?薄毛と頭皮の皮脂分泌の関係性
頭皮がべたべたとして脂っぽい・・・これは体質だしシャンプーを使って改善するしかないのか?と思う前に、なぜベタベタ頭皮になるのか?皮脂と薄毛の関係性を知ることで、実はAGAハゲになる予兆であることが分かります
壮年性脱毛症とはどんな症状?壮年期の薄毛を見極め適切な治療をする!
壮年期というと30代半ばから40代中盤にかけて、最も活力あふれる時期ですが、この時期は最も抜け毛・薄毛の悩みを持つ人が増えます。壮年期の脱毛症の原因や対策を様々な角度から検証をしてみました
秋に抜け毛が増えるのはホント?根拠や仮説を検証してみる
秋になる9月ごろから抜け毛が増えた、薄毛で地肌が目立つようになったと育毛剤を検討したりAGAクリニックに行く人が増えるといいます。なぜ秋というタイミングなのか、諸説を検証してみました。
初期脱毛はなぜ起こる?育毛剤使っているのに抜け毛が増える?
初期脱毛という症状を聞いたことがありますか?育毛剤を使うことで一時的に抜け毛が増えてしまうというもの。なぜ抜け毛が増えるのか?初期脱毛についてまとめてみました
つむじハゲの予兆を知る!つむじの写真で薄毛の症状をチェック
つむじは頭頂部の生え際ともいえる部位です。密度が薄くなり頭皮地肌が露出しやすいなど、つむじハゲの兆候が分かりやすく、ハゲの初期症状をチェックするのに最適。早めに対策することで、お金をかけずに改善するようにしていきましょう。
女性の薄毛FAGAはなぜ起こる?男性との違いと治療法
近年女性の薄毛の悩みをかかえる人が急速に増えているといいます。中でも今まで男性特有の脱毛であった症状が女性でも起こるFAGAという症状が増えていることがわかりました。そのメカニズムを確認しておきましょう。
側頭部の薄毛を治す「原因と対策」とは?有効な育毛剤はある?
薄毛というと生え際や頭頂部に発症する人が多いですが、頭のサイドである側頭部が薄くなってきた場合には同じような対策で大丈夫でしょうか。側頭部の薄毛の原因と対策について検証しています
女性の産前・産後の抜け毛を減らすにはどんな方法があるの?
女性特有の抜け毛症状として、産前・産後の脱毛があります。私の嫁さんもどうしようと嘆いていましたが、実はそんなに慌てることはないのかもしれません。
女性の「びまん性脱毛」の原因と治療法を検証!頭皮全体が薄くなる
聞きなれない言葉ですが、びまん性脱毛という症状があります。男性ではなく女性に起こる脱毛症であり、30代以降の女性に多いといいますが、頭皮全体が薄く地肌が露出する特徴のある薄毛症状です。
フケが多い人は「粃糠性脱毛」を疑う!原因と最適な治療法を解説
フケが多い人はそれが原因で抜け毛が増えてしまうことがあります。粃糠性(ひこう性)脱毛と呼ばれるものですが、これには2種類のフケが原因となっており、どのような状況で注意すべきかをまとめています
円形脱毛症とは
10円ハゲとか5円ハゲと言われてしまう、部分的に毛が抜け落ちる円形脱毛症。発症の原因とどうすれば治るのかを検証します。
脂漏性脱毛症は頭皮がべたべたする脂肌(オイリー肌)で起こる抜け毛です
脂肌といわれる皮脂が多く分泌されることによっておきる抜け毛は「脂漏(しろう)性脱毛」と呼ばれます。なぜ皮脂が多く出てしまうのか?原因を探り対策を考えます。
はげやすい髪型が存在する?
髪型によっても髪に負担をかけてはげの原因となることがあります。きつく髪の毛を縛ったりする時は注意が必要で、牽引性脱毛症とも言われているのです。
抜け毛が2,3本まとめて抜ける
いつものように髪の毛が抜けたと思ったら、なんか一つの毛根に2、3本まとめて着いて抜けてしまった。これってどうなんでしょうか?
頭皮ニキビでハゲになる!?頭皮ニキビの原因と治療法
薄毛や抜け毛の原因は様々な種類があります。自分がどのタイプの脱毛症を発症しているかをチェックし、対策について考えます。
タンパク質不足で髪の毛が薄く・細くなる?髪のためにとるべきタンパク質
タンパク質とは、私たちの体を構成する大切な栄養素であり、三大栄養素の一つです。髪の毛の生成にも大きく関与しており、タンパク質が不足すると「カシオコア」を発症し、髪の毛が薄くなると報告されています。
活性酸素が薄毛・抜け毛の原因に?活性酸素を減らし髪を守れ!
日常生活で発生してしまう活性酸素は、増えすぎると頭皮環境を悪化させ髪を作る正常な細胞も壊してしまう抜け毛・薄毛に無関係とはいえない要素です。活性酸素を知り、酸化しにくい体を作るための生活をまとめています。
頭皮の角栓が炎症を起こす!角栓を予防して清潔な頭皮を保つコツ
頭皮の毛穴に出来る脂の塊である「角栓」は放っておくと炎症を起こして髪の毛の成長を阻害する要因にもなります。実際に動画なども見ながら、頭皮の角栓対策に何をするべきかを考えていきましょう
アトピー肌に使う育毛剤の選び方!抜け毛・薄毛を安全重視で対策する
アトピーの人が薄毛を克服するには、どんな育毛剤を使うのがベストなのか?アトピーを発症すると、何かと薄毛に繋がるリスクも抱えることになるのですが、シャンプーや育毛剤が刺激になるなど育毛も一筋縄ではいきません。
怪我をした部分だけ毛が生えてこない!育毛剤で部分的ハゲは治せる?
ハゲの悩みの中でも、事故などでケガを負った頭皮の部分だけ毛が生えてこなくなってしまったというものがあります。こうした部分的なハゲは育毛剤を塗って治療できるものなのでしょうか
前立腺肥大と薄毛の関係は?ハゲる人は前立腺肥大のリスクが高まる?
男性の悩みの一つに、膀胱の下にある前立腺という期間が肥大して尿漏れなどのトラブルが起きる病気があります。実は薄毛の治療と前立腺肥大には同じ薬効成分が使われることもあるため、その関係性についてを詳しくまとめています。
痩せ型の人はハゲやすい?食べても太らない人と薄毛の意外な関係
身長に対して体重が異常に低い、超痩せ型の人は薄毛・ハゲになる可能性が高いという事例を紹介します。食べても食べても太らないという人は、腸のトラブルによって栄養吸収ができず、髪の毛の成長が停滞する可能性があるのです。