女性ホルモンの薄毛への影響と分泌を増やす方法

女性ホルモン

 

女性が薄毛を発症する原因の多くを占めるのが、女性ホルモンの分泌バランスが崩れること。

 

多くの女性が抜け毛を経験する産前・産後の妊娠期や、閉経と主にホルモン分泌が少なくなる更年期では特に薄毛を気にされる人が増えます。

 

これは女性ホルモンが髪の毛の成長・維持に与える影響が大きいため

 

こうした人生の節目でなくても日ごろからホルモン分泌を整えて、女性ホルモンを増やすことを意識するのが大切。

 

まずは女性ホルモンと髪の毛の関係性を知り、ホルモン分泌を促進させるための日ごろの生活を見直していきましょう。

 

女性の薄毛と女性ホルモンはどう関わっている?

ハリとツヤのある健康な髪を保つためには、頭皮のターンオーバー機能が重要となります。

 

このターンオーバー機能が正常に働いていないと、髪に栄養が行き渡らず、正しい成長ができないのです。

 

そして頭皮のターンオーバー機能を損なわせる原因の1つが女性ホルモンの不足です。

 

女性ホルモンとは人間の体内で分泌されるホルモンの一種で、女性の体や精神の状態にさまざまな影響を与えます。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類があるのですが、特にエストロゲンが頭皮のターンオーバー機能に強く作用するとされています。

 

エストロゲンによってもたらされる具体的な効果としては、髪の成長促進、髪の成長期間の保持、髪にハリとツヤを与える、頭皮の血流改善、免疫力の向上などが挙げられます。

 

こうした効果を持つ女性ホルモンの分泌量が低下することで頭皮のターンオーバー機能が崩れ、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。

 

女性ホルモンの分泌量が低下する原因

女性ホルモンの分泌量は体調や精神状態や生理などに左右されますが、とりわけ強く影響するのが出産更年期です。

 

妊娠や授乳など体に大きな変化が起こる出産後は自然と女性ホルモンの量が不足しますし、閉経が起こる更年期はホルモンバランスが崩れがちです。

 

これらの「女性の体に起こる特有の変化」による女性ホルモン不足は避けがたいものだと言えます。

 

一方で生活習慣の乱れやストレスによって女性ホルモン不足が引き起こされる場合もあります

 

睡眠不足の女性 

 

ホルモンの生成・分泌は睡眠時に活発化するので、質のいい睡眠が足りていないとホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンの分泌量低下に繋がります。

 

さらに体内でホルモンを生成するためには特定の栄養素が必要であり、偏った食生活などによって栄養摂取が不充分だと、女性ホルモンを生成できなくなってしまいます。

 

強いストレスにさらされている人間の脳内ではどんどんと神経伝達物質が生成され続け、その状況が長く続くとやがては脳の栄養失調とでも呼ぶべき状態に陥って、正常に女性ホルモンを作れなくなってしまうのです。

 

ストレスや栄養不足などの生活習慣が薄毛の原因というのは有名な話ですが、紐解いてみれば女性ホルモン分泌の低下などにもかかわってくるなど軽視できないものと言えるでしょう。

 

女性ホルモンを増やす・整える方法とは?

正常なホルモンの生成と分泌を促すために、しっかりと睡眠を取ることが大事です
 
決まった時間に入眠と起床を繰り返して規則正しい睡眠のリズムを体に覚えさせることで、ホルモンの生成・分泌がより効率的に行われるようになります。

 

午後10時から午前2時のゴールデンタイムに寝るとよいという都市伝説も流行りましたが、現在では眠るタイミングではなく、4時間以上のまとまった睡眠をとることがホルモン分泌に欠かせないとされています。もちろんまとまった睡眠をとるには規則正しい生活は不可欠ですね。

 

そして女性ホルモンの生成を助け、ホルモンバランスの正常化に役立つ栄養素の摂取も重要となります。

 

食事 

 

女性ホルモンの生成と分泌に効果的な栄養にはタンパク質、鉄分、ビタミンEやビタミンB6などが挙げられ、加えて女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンも有効な成分です。

 

日々の生活で、肉や魚や卵、ナッツ類や大豆類等をバランスよく食べることを心がけましょう。

 

髪の育成・育毛に良い食事

 

また、キャベツに含まれるボロンという成分も女性ホルモンの分泌を促す効果がありますが、ボロンは熱に弱いため、キャベツは生で食べるようにするといいでしょう。

 

それからストレスによる脳の栄養失調を防ぐには、神経伝達物質を生成するための栄養素として、ブドウ糖やアミノ酸、リン脂質や脂肪酸、ビタミンB3・B6・B12や葉酸、カルシウムや亜鉛や銅などが必要になります。

 

これらの栄養素は肉や魚、卵や乳製品、ほうれん草やバナナ、牡蠣やゴマといった食品に含まれていますので、意識して摂取するといいでしょう。

 

健康な髪は正しい睡眠と食生活によって保たれる!

女性の薄毛や抜け毛を改善・予防するためには頭皮のターンオーバー機能を整える必要があり、そのためには正常な女性ホルモンの分泌が重要となります。

 

女性ホルモンの生成と分泌を正しく機能させるには良質な睡眠やバランスの取れた食生活などが求められ、日々のストレス軽減やストレス発散のために軽い運動することなども効果的でしょう。

 

しかし、早く効果を実感しようと焦るあまり、睡眠を取りすぎたり栄養を過剰摂取したりすると逆効果になってしまうことがあるので、充分に注意しましょう。

 

安易に育毛剤などに手を出すよりも、自分でできることはたくさんあります。育毛剤を使うのは抜け毛を防ぎ、髪を育てる援助を行ってくれるので有効ですが、自身の生活が崩れていては効果も半減です。

 

女性・男性問わず、育毛は総力戦であるということを頭に入れて、薄毛の悩みを克服していきましょう!


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

女性ホルモンの分泌を増やす・整えることで薄毛を改善・予防する関連ページ

ノコギリヤシの育毛サプリ は女性が飲んでも効く?副作用は大丈夫?
ノコギリヤシのサプリメントなどを女性が服用することは副作用があるのではないかと疑問を持つ方も多いようですが、副作用の問題ないというのが一般的な見解です。実際に、女性用に販売されているノコギリヤシサプリメントも存在します。
女性のひどい抜け毛・薄毛に悩んだら病院は何科で診てもらえる?
女性の薄毛は男性とはまた異なった原因で発症するものが多く、抜け毛・薄毛の原因によって対応する病院の科が分かれてきます。抜け毛や薄毛が気になったら何科を受診するべきか?参考にすべき情報をまとめています
プロペシアは女性が飲めない!副作用や禁忌の理由と代替療法とは
プロペシアは抜け毛の原因とされる悪性の男性ホルモンの生成を防ぐことができる薬であり、男性の9割の薄毛の原因とされるAGAの治療薬では重要な位置づけの育毛剤です。しかし、女性は飲むことはおろか、妊娠中の女性は錠剤に触ることもNGとされているなど、薄毛に悩む女性が使えるものではありません。ここではプロペシアを女性が飲めない理由をめとめるとともに、抜け毛や薄毛に悩む女性はどんな育毛剤を使っていくのがベストなのかを検証しています。
妊娠中の抜け毛に育毛剤を使っても大丈夫?胎児や体調への影響は?
ホルモンバランスの崩れで妊娠中は抜け毛が増えやすく、お風呂の時にびっくりする人も多いです。女性用の育毛剤で対策をしようと考える場合、自身の体調や胎児への影響や副作用などは心配ないのかをまとめています
武田薬品のMIYABIKA育毛剤のリアルな口コミと正直な感想
国内最大手ともいえる製薬会社である武田薬品が開発した女性用育毛剤MIYABIKAってどうなの?成分から分かる効果や、安全性、使い心地などを総合的に検証レビューしたことをまとめています
産後の円形脱毛症の原因と悪化させないためのベストな治療法
女性の多くが抱える悩み。産後の円形脱毛症はなぜ起こってしまうのか?まず円形脱毛症とは通常の抜け毛・薄毛の仕組みとは異なり、免疫機能の低下により起こるということを知っておく必要があります。
女性用育毛剤の副作用ってどんなものがあるの?気を付けるべき症状
女性用の育毛剤を使う上で、気を付けるべき副作用はあるのでしょうか?女性用ということでトラブルのない成分を配合してはいますが、万人に安全というものはありません。事前に対処法を知っておくことで安心して使えます。
ダイエットがきっかけで抜け毛が増える!無理な絶食はハゲの元
スリムな体を作るためにダイエットに取り組んでいる人も多いですが、ダイエットをきっかけに抜け毛が増えてしまったという人も少なくありません。特に食事を制限するダイエットは髪の健康にも悪影響を与えるので気を付けるべきです
女性の頭皮地肌が透けるのは薄毛の兆候!目立ちやすい頭頂部に注意
女性の薄毛は頭頂部付近の地肌や、分け目を中心に透けて見えるようになってくることが予兆としてあります。男性と違い全体的に薄くなるため気づきにくいですが、「あれっ」と思ったら早めに対策をしましょう