育毛剤 発毛剤の違い

育毛剤の表記の違いについて!正しい表記を確認しよう

育毛剤の販売サイトなどを見ていると、よく見かけるのが様々なキャッチコピー。

育毛剤・発毛剤・発毛促進剤・養毛剤などなど、あげたらキリがありませんね。この表記には実は明確な規定があるって知ってましたか?

まず初めに発毛剤という表記について
発毛剤とは文字通り髪の毛が生えてくる(発毛効果)が医学的に認められたものにしか名乗ることが許されないものです。医学的というと、しっかりした臨床試験を経て効果や副作用のデータを集め、医薬品として国に認められたものということ。この条件に当てはまるのは、医薬品リアップ・プロペシアなどに限定されます。つまりそれ以外の市販の育毛剤が発毛剤として紹介されているのは誤りということなので注意しましょう。

では一般の市販育毛剤はどういう定義かというと、ほとんどは医薬部外品という指定を受けていますよね。医薬部外品には医薬品ほどではないにしても、人体に一定の変化を与えることのできる成分が配合されているものです。

医薬部外品育毛剤に表記できる内容としては、育毛、薄毛・脱毛・フケ・かゆみの予防、発毛促進、産前産後の脱毛改善・養毛といった効果です。発毛とは表記できないんです。

育毛剤の効果としては、あくまでも髪の毛の成長促進や頭皮環境の改善が主な目的であることを理解しましょう。いろいろ成分は入っていても、医学的に検証されたデータがまだ少ないので全ての人に期待できる効果を上げることはできません。医薬品との違いはここにあります。

このことから育毛剤・発毛促進剤・養毛剤と書かれているものが正しい表記であり、それ以外のことを声高に謳っているものは誇大広告ということで景品表示法などに抵触する可能性もありますね。

しかしネットで見ているとほとんどのサイトはグレーゾーンか判別不能ギリギリの表記でのPR合戦が繰り広げられています。さらに酷いとただ集客の為だけに発毛剤とPRしながら普通の医薬部外品育毛剤を紹介しているサイトもあるのです。これでは消費者は混乱し、正確な判断ができなくなりますよね。

ほとんどの人にとっては表記の違いなどささいなことかもしれませんが、中には毛が生えてこない!とトラブルに発展するケースもあるらしいので正しく理解して育毛剤は使うようにしましょう。

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top