カツラと育毛剤

まだ髪の毛があるならばカツラよりも育毛治療!

まだ髪の毛があるならカツラよりも育毛治療に力を入れよう!

薄毛を改善する方法として、カツラをかぶるというのも一つの選択肢の一つです。芸能人をはじめカツラを被っている人の話がたまに出るように、昔からハゲを隠す手段として使われてきました。高齢の人ほど印象が強く、うちのオヤジも育毛剤使うくらいならカツラを被るか潔くハゲをさらすべしと言っています。

カツラは最も手軽に見た目を変えることができてしまうため、使っている人は想像以上に多いようです。最近の技術は進歩してるんで、3点式とか4点式とか外れにくくて生え際も目立ち難いというからカツラに対する敷居は大分と下がったのではないでしょうか?

人前に出ることが多い仕事してる人は禿げてるよりもカツラ被ってたほうが見栄えもいいし、対外的にも優れている点はあるので否定するつもりは無いです。

しかしはげたからといってカツラに安易に手を出してしまうのは早すぎると考えます。少なくともまだ自分の髪の毛が見える範囲にあるうちは、あがきをしてみてもいいと思うのですね。

カツラをおすすめしない理由3つ


カツラは維持するのに費用かかる
まずは意外と知られていないカツラの維持管理費用です。カツラは一度作ってもらって被ったらおしまいではなく、定期的なメンテナンスやケアなどで年間数十万単位の費用がかかります。
>>カツラを使っている人が告白する維持費用
大きさや部分的なものによっても変わるようで、数年単位で交換と考えるとしっかりと専門クリニックで先進発毛治療が受けられるような金額ですね。これなら私は高額なハーグ療法とかにチャレンジしちゃいます。

カツラは髪の毛の健康的な成長を妨げる
カツラは頭皮にしっかりと取り付けているので、当然髪の毛の成長を妨げます。蒸れの原因になったりしてカツラをかぶる=以後の発毛は期待できないといっていいでしょう。
一番はカツラをかぶったということに安心して、自身の髪の毛を生やすための努力を怠ってしまうことではないでしょうか?

結局人目を気にしなければいけないのは変わらない
薄毛を治療したい人の一番の理由としては、やはりフサフサの髪の毛でモテたい・子供に馬鹿にされたくない・若々しくありたいなど対外的に人の目を気にしていると思います。ここでカツラを選択したとしても、カツラがずれたり外れたりする心配や怪しまれないだろうかという心配などから逃れられることはできません。

 


やはり自分の髪の毛が残っているうちは育毛の努力や発毛治療を受けたりして、自分の力を信じてみるのが一番だと思います。同じくらいの費用がかかるのであれば、急に髪が増えるよりも自然にじわじわと自分の髪を増やすほうが自分の自信にも繋がると思います。

カツラを検討している人や迷っている人は、価格や維持管理・体外的な対応など良く考えて選択するようにしましょう。

まずはAGAクリニックでカウンセリングを受けるべき理由


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

現在総数500記事近くまで、様々なコンテンツをまとめています。こうして見ていただいているのもご縁です。育毛剤以外にも、薄毛を克服するための知識をまとめていますので、お時間あるときにゆっくりご覧いただければ運営者として冥利に尽きます。

育毛剤ランキングトップ10

▲50種以上もある育毛剤を比較したランキングトップ10

M字生え際育毛剤 O字頭頂部育毛剤 コスパで選ぶ育毛剤
女性用育毛剤 年代別育毛剤 低刺激育毛剤

page top