転職面接でハゲ・薄毛が不利になるって本当なのか?

転職者

 

転職するときには、ハゲてると面接とかで不利になる??

 

この悩みは育毛課長自身も体験した悩みに関係します。過去に私は仕事を2回変わっていますが、転職の面接などで「自分の容姿・見た目」でマイナス評価を得てしまっているのではないか??という疑問を持ったことがあります。

 

転職支援サービスにも登録し、模擬面接でも太鼓判を得て、自信持って向かってもNGの連発。これは自分自身に問題大有りなのは間違いないですが、上手くいかないときって色々と悪い可能性ばかり考えてしまうんですよね・・・・。

 

そんなときに頭をよぎったのが、

 

  • ハゲてるから面接官の印象が悪いのではないか?
  • 薄毛で顔も老けて見られてるのがいけないのではないか?
  • そういえばなんとなく目線が頭に行っている・・・?

こんなこと考えてしまいました。

 

私以外でも実際に薄毛の人で、「面接官に若ハゲで髪が薄いことを指摘された!」という人もいます。もちろんこれは何らかの応対力を見るためだったかもしれないですが、気にする人は気にするのは間違いないでしょう。

 

転職活動って本当に不安との戦いです。状況は人それぞれ違いますが、既に仕事を退職してしまっていたり、なかなか転職先が決まらずに時間とお金だけかかっていく。そんな状況でストレスもマックスになると、余計に抜け毛が増えて髪の毛によくな状況になる。

 

些細なこと・・・と思うかもしれないですが、当事者にとったら大問題。一度疑心暗鬼になったらなかなか立ち直れないです。

 

そこで今回は私の学生時代からの先輩で、大手の海運会社で人事・面接を一手に担っているという人に本当のところどうなの?という本音を聞いてきました。

 

現役人事担当にハゲと面接の真相を直接聞いてみた

 

今回インタビューした人は、既に7年以上人事部におり、書類選考から第一次の面接までをこなして、役員面接へ繋げるポジションにある人です。新卒から転職の中途採用まで、必ず全ての応募者と会い、最初の適正を見極める立場にあるので、なかなか興味深い話を聞いてくることができました。

 

面接のとき、「明らかに毛が薄いハゲの人」が来たらどう思いますか?

本音言えば、第一印象は間違いなくプラスに働かないのは事実。まあ、うちの会社に関して言えばの話かもしれないけど。やっぱり転職で中途採用をするからには、即戦力を求めてるわけだから、バリバリとハードに仕事こなしてもらわなくちゃいけない。なんとなく薄毛の人ってそれを必要以上にコンプレックスにしてる傾向あるから、暗くてそれがにじみ出てるような元気がない人は印象よくないね。覇気が感じられない人って能力あっても大丈夫かなと思ってしまう。

 

なるほど、やっぱり第一印象として面接で「薄毛の人」がきたら、若さがないイメージを受けてしまうんですね。

これはどこの会社でも、人間が人間を見るんだから同じだと思うけどね。もちろん重要なのは本人の経験やスキルであって、それを自社で活かしてくれるかどうかであるわけだから、それで落とすようなことはないけど。でも第一印象って大事だから、他の人に比べたら最初のハードルは上がってしまうのは否定できないな。

 

あとはなんとなくイメージかな、年齢相応ならいいけど、そうでない明らかに若はげとかの場合は、健康状態とか体調など自分への手入れが行き届いていないのかなという印象もどうしてももってしまう。

 

厳しいですね。では、ハゲ・薄毛の人でもこれは良いな!と思って採用した例はありますか?

それはもちろんあるよ。あくまでも見た目の印象の話だから、面接におけるウェイトなんてたかが知れてると思ったほうがいい。ハゲや薄毛であっても、それを自分のデメリットととらえていないような明るい人とか、見た目からは想像できないくらいハキハキしてエネルギー感じられる人は、どこでも通用すると思う。仕事っていっても工場で一人黙々と働くわけじゃないから、能力+本人の人柄は大事だと思うよ。その辺が問題なければ別にツルッパゲだろうがバーコード頭であっても関係ないと思う。

 

面接の質問で、「ハゲてますね」とか、「髪薄いですね」という話題を振ったことはありますか?

さすがに直接「髪薄いですね」、という質問はしたことがないけど、圧迫面接してるとこならあるかもしれないね。コンプレックスを突くのはあまり関心じゃないけど、その反応が気になるのは一理ある。まともな答えを気にしてるんじゃなくて、一般にマイナスととらえられてることを、プラス思考でかわせるユーモアがあるかどうかだね。

 

なるほど、良くわかりました。薄毛で転職が上手く行かないと思い込んでる人にアドバイスいただけますか?

結局人間が見るわけだから、人によって第一印象で「ハゲてるな・こいつ髪薄いぞ」ととらえる人がいるのは仕方ないと思う。ネガティブな目で見られた可能性を考えて、とにかく覇気を持っていつも以上に上を向いて大きめの声でしゃべるように心がけるべき。この辺は不自然でもいけないけど、明るくて前向きな奴に悪く思う会社はない。それがあった上で経験とかスキルを自己アピールしていけば伝わる面接になる。

 

少なくとも転職の面接では、即戦力として仕事できる人を採用するのが一番の理由だから、ハゲを理由に採用しないなんて会社はないと思う。そこは自信持って面接に望んでもらえればいいと思うよ。

 

今回は転職面接として、中途採用を何人も採用してきた人事の人に「ハゲと転職面接の本音」を探ってきました。

 

まとめると面接は人対人なので、初対面でマイナスをイメージをもたれる可能性は少なからずあるということ。さらに薄毛をコンプレックスとして感じている人は少なからずそれがにじみ出ている可能性があり、覇気がないイメージがついてしまうと上手くいかないことがあるということです。

 

ただしこれは太っているとか、痩せてるとかと同じで、人によってとらえ方が違うので、面接官次第なのは仕方ない部分もあるということ。このような現実があるを理解したうえで、ネガティブな印象をもたれないための受け答えや活力も出していくことが成功への近道です。

 

あまりにもハゲを意識しすぎて変な髪形にしたり、うつむき加減とか姿勢を気にしているようなそぶりはNG。自分自身がはげ・薄毛の悩みをどうとらえているかどうか?が重要になってくると言うことですね。

 

面接で落ちてしまったとしても、そもそもハゲを気にするような会社だったら、結局入社後もいじられる可能性があり上手く行かない可能性が高いですよね。面接の時点で能力以外にも、自社の社風で上手くやっていけそうかどうかもちゃんと見ていますから、ここはむしろ良い選択ができたと言うことで割り切ってプラスに考えましょう。

 

現実は受け入れ、プラス思考であることを出しながら、求められている答えに端的に答えていく。単純に考えて転職活動を乗り切るようにしていきましょう。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

転職面接するとき「ハゲ」てると評価が下がるって本当か?関連ページ

たった1ヶ月で育毛剤の効果はでるのか?1ヶ月ではほとんど変化なし
育毛剤を使う誰しもが、とにかく早く効果を実感したいという悩みを持っているでしょう。ただしどうやっても1ヶ月では育毛効果を十分に体感するのは難しいといえます。
女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?実は使ってる人も多いんです
育毛剤といえば男性が使うイメージ。しかし最近は女性で薄毛の悩みを抱える人が増加し、女性用育毛剤もでてきています。が、まだまだ少ないしやはり効果を期待したい人に、男性用育毛剤を女性が使っていいものなのかを検証してみます。
育毛の壁!どれくらいで効果がでるか?
育毛剤の効果はどれくらい、何ヶ月くらい使えば体感できるようになるのか?これを知るためには髪の毛の成長サイクルを知り、効果の出方を把握する必要があります。
2週間で髪が生える??
口コミや体験談を見ていると、わずか2週間で髪の毛が生えてきたというものがありますが、本当なんでしょうか?
なぜ?買ってはいけない育毛剤とおすすめしない育毛剤の理由!
育毛剤は数あれど、買ってはいけないものってあるのでしょうか?ほとんどのサイトがおすすめしか紹介していない現状を打破し、買ってはいけない育毛剤について検証してみました
育毛トニックは安いけど使わないほうが良いと判断した理由
育毛トニックを使えば皮膚表面にあるバリア機能が失われ、皮膚としての働きが行えなくなり、「育毛」以前の問題に発展する可能性があります。育毛トニックの主成分はアルコールと水が7割近くを占め、その他の成分が3割。アルコールは各主成分の浸透力を高める働きがあるため配合されていますが、その過程で皮膚にかかる負担が非常に大きく、肌の弱い方が使えば刺激を伴ったり、湿疹、皮膚炎等にもつながり兼ねません。
【プロテイン×育毛】タンパク質の摂取で髪の生成を促すことができるか?
髪の毛を生成しているのはケラチンというタンパク質が主成分ですが、ケラチンをプロテインなどで摂取すれば太く黒い髪を育毛することができるのかどうか?
無駄な射精が薄毛になる?亜鉛不足はオナニーのやり過ぎが原因?
「オナニーをすると薄毛になる」という噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、育毛課長の見解としては「オナニーと薄毛は無関係」という結論に至りました。 射精を行うと「亜鉛」が消費され、これが薄毛の原因と関わりがあると言われています。亜鉛はタンパク質を毛髪に変えるとても重要な栄養素であり、それが不足してしまうと薄毛の原因になると考えられています。しかし、一度体に取り込んだものがオナニー(射精)によって排出され、それが亜鉛不足を引き起こすとは、あまりに単調な考えとは思いませんか。
抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分とは?予防で使うべき育毛剤
育毛剤は髪の成長を助ける働きをするものですが、抜け毛の進行を予防し抑えながら効果を発揮するものがあります。将来に向けて、薄毛にならない予防のために使うべき育毛剤についてまとめています
生え際の毛は生えにくい?
多くの男性が悩むであろう薄毛の形態に、生え際がM字型に脱毛してしまうという症状があります。この生え際は育毛が難しいといわれる理由を検証します。
育毛剤の返金保障ってどうなの?ちゃんと返金されるのか?
育毛剤がこぞってアピールする全額返金保障!今では返金保証をしてくれる育毛剤が当たり前になってきましたが、本当に返金されるのか?どんなときに返金保証を使うべきなのかについて考えてみました
育毛剤の口コミは信用できるか?極論は自分で使うしかない
ネット上に溢れる育毛剤の口コミ。この口コミをどこまで信用するかは個人の判断ですが、結局育毛剤は自身で確かめなければ真実は見えません。
育毛剤のつけすぎは良くない?大量につけても効果は変わらない
育毛剤を早く効かせようと思って、たくさん頭皮に塗ってはどうか?という疑問がありますが、大量につけてもほとんど効果に違いはないです。適量を1日2回分けて続けていくことのほうが大切です
抜け毛は一日何本までなら正常なの?抜け毛を見て危険度を判断し対策しよう
人間の髪には1本1本に成長サイクルがあります。髪が生えるためには一度抜ける必要があるため、誰もが必ず抜け毛はあるということです。1日に何本まで髪が抜けても大丈夫か?何本以上ならやばいのかを検証します
貧血の人は薄毛になりやすい?貧血と抜け毛の関係性
貧血と薄毛の関係性として、貧血になると髪の毛の成長に影響はあるのか?という点や、貧血を起こさないためには日常のどのような部分に気を付けるべきかをまとめています。