男女兼用で使える市販の育毛剤について

薄毛に悩む女性が増えているという中で、「男性用育毛剤を女性が使っても大丈夫ですか?」という質問を受けましたので、育毛課長の知識をもとにまとめていきたいと思います。

そもそもこのような質問や悩みがなぜでてくるのか?というところがまずは気になりました。今では数こそ少ないものの、女性用育毛剤は販売されているからです。

私なりの見解では、「女性用というと肌に優しい代わりに効果が薄いのではないか?」と考えている人が少なからずいるようです。やはり育毛剤を使うからには【効果】を求めるのは男性も女性も同じですよね。男性用に長年研究されてきた育毛剤のほうが薄毛や抜け毛に効くのではないかと疑問を抱くのも自然な流れだと思います。

他にも、「旦那さんと一緒に使いたい」など、家族で兼用で使いたいという人も増えているという話を美容師さんから聞きました。もはや薄毛の悩みは男性だけのものではありませんよね。
今回は男性用で評判の高い育毛剤を、女性が使うのはありなのか?というテーマでまとめていきます。

有名な医薬品育毛剤から見てみる

まずは医薬品育毛剤として医学的に効果が承認されている「リアップ」を見てみます。

※プロペシアなどホルモン系医薬品は女性は御法度なのでここでは触れません。使ってはダメです!

リアップにはリアップリジェンヌという女性用の育毛剤が販売されています。有効成分はミノキシジルというもので、頭皮の毛細血管を拡張して血行をよくし細胞に栄養素を行き渡らせて発毛を促進するというもの。

男性用はX5という5%含有品があるのに対して、女性用は1%含有品のみのラインナップとなっています。やはり女性用は濃度を低く設定していますね。

なぜ女性用は濃度が少ないのかというと、副作用などに対するデータが十分ではない為です。男性用は歴史が古くすでに副作用のデータや効果の出方に対する試験も成熟してきているといえます。女性育毛剤の需要が高まったのはここ数年のことですのでメーカー側も慎重になっているといえますね。ミノキシジルの副作用についてはこちらを参照

男性用も発売当初は1%の濃度であり、年を追うごとに濃度があがってきて現在に至ります。組織としての肌や髪の生える仕組みが同じである以上、女性が使うことそのものは問題がないといえるでしょう。

医薬品であるため副作用はついてまわるので、もし旦那さんのをそのまま使いたいという場合は慎重に使用したほうがいいかもしれません。

医薬部外品育毛剤の場合はほぼ男女兼用

医薬部外品では非常に多くの女性用育毛剤が出てきています。

結論を先にいますと、医薬部外品に関しては男性用育毛剤も女性用も成分に取り分けて大きな違いがありません。男性用として売られているものを女性が使ってもいいのです。

髪の毛の成長や頭皮の環境を正常化する要素である、
  • 頭皮の血行促進
  • 炎症を抑えてフケやかゆみ・腫れ物を鎮める
  • 頭皮の細胞を活性化させて髪の毛の成長を促す
  • 男性ホルモンが原因の脱毛因子の発生を抑える
この4つを漢方薬を初めハーブなどの植物由来の安全成分の力によって影響を与えるという点で共通しています。

育毛剤の公式ページや説明をみると、「男女兼用で使えます」というものや、パッケージのみ変えて女性用として販売しているOEM育毛剤も存在します。

代表的なものではブブカチャップアップの女性版とも言えるマイナチュレは成分は同じです。その他の育毛剤も需要の多い男性用として宣伝されていますが、女性が使うことには全く問題が無いのです。

それもそのはず、医薬部外品の育毛剤はゆるやかに髪の毛の成長できる環境を整えていくもの。髪の毛が育つという人間の生体組織が同じである以上、求められる効果も同じだからです。

抜け毛の原因は女性特有の産後の抜け毛などがありますが、突き詰めていけば原因となる要素そのものは大きく変わりません。男性はホルモンによる脱毛原因が多くを占めていますが、それだけが原因ではないからこそ多くの育毛剤が開発されているのです。

中には女性は男性用の育毛剤を使っちゃダメと声高に言うサイトもありますが、それは医薬品に限ってのことであり女性が男性用の育毛剤を使っても同じような効果を期待できると言えます。

今では男性用育毛剤も香料や刺激物の使用を無くし、違和感なく使える商品が多くなっているので旦那さんと共用で使うというのもありですね。

女性専用の育毛剤を使う意義

では女性専用の育毛剤が沢山売られている中で、あえて男女専用の育毛剤を使う必要はあるか?と言われれば、これは配合されている成分によるとしか言いようがないです。

基本的に抜け毛を防ぎ、髪の毛の成長を促進するという点では男性用と女性用で成分の違いはありません。では何が違うかと言うと、今ある髪の毛を艶やかに保つための成分を男性用の育毛剤よりも多く配合している特徴があります。

髪の毛の元となっているアミノ酸やビタミンを配合することで、髪の毛自体にも浸透して健康なハリのある髪を作るほか、乾燥などから地肌を守るための保湿成分をプラスアルファで含んでいる育毛剤が多いのです。女性ならではの悩みにしっかりと応えられる成分になっているのが女性専用として開発された育毛剤と言うこと。

ちなみに、もしこの記事を読んでいる男性がいれば、女性専用の育毛剤でも男性が使っても全く問題ないということも書き加えておきます。

自分が求めるものは何で、育毛剤を使うことでどうなりたいのか?ただ髪の毛が増やすのに特化したいか?それとも今ある髪の毛も健康で活き活きとした日常を送ることを優先するのか?数ある育毛剤の中で自分にとって一番を選ぶには、評判や口コミだけではなくて中身を重視して選びましょう。

>> 女性用育毛剤で成分に優れたものをまとめてみました

>> 実は男性ファンが多い?女性用育毛剤もあります

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?実は使ってる人も多いんです関連ページ

たった1ヶ月で育毛剤の効果はでるのか?1ヶ月ではほとんど変化なし
育毛剤を使う誰しもが、とにかく早く効果を実感したいという悩みを持っているでしょう。ただしどうやっても1ヶ月では育毛効果を十分に体感するのは難しいといえます。
育毛の壁!どれくらいで効果がでるか?
育毛剤の効果はどれくらい、何ヶ月くらい使えば体感できるようになるのか?これを知るためには髪の毛の成長サイクルを知り、効果の出方を把握する必要があります。
2週間で髪が生える??
口コミや体験談を見ていると、わずか2週間で髪の毛が生えてきたというものがありますが、本当なんでしょうか?
なぜ?買ってはいけない育毛剤とおすすめしない育毛剤の理由!
育毛剤は数あれど、買ってはいけないものってあるのでしょうか?ほとんどのサイトがおすすめしか紹介していない現状を打破し、買ってはいけない育毛剤について検証してみました
育毛トニックは安いけど使わないほうが良いと判断した理由
育毛トニックを使えば皮膚表面にあるバリア機能が失われ、皮膚としての働きが行えなくなり、「育毛」以前の問題に発展する可能性があります。育毛トニックの主成分はアルコールと水が7割近くを占め、その他の成分が3割。アルコールは各主成分の浸透力を高める働きがあるため配合されていますが、その過程で皮膚にかかる負担が非常に大きく、肌の弱い方が使えば刺激を伴ったり、湿疹、皮膚炎等にもつながり兼ねません。
【プロテイン×育毛】タンパク質の摂取で髪の生成を促すことができるか?
髪の毛を生成しているのはケラチンというタンパク質が主成分ですが、ケラチンをプロテインなどで摂取すれば太く黒い髪を育毛することができるのかどうか?
無駄な射精が薄毛になる?亜鉛不足はオナニーのやり過ぎが原因?
「オナニーをすると薄毛になる」という噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、育毛課長の見解としては「オナニーと薄毛は無関係」という結論に至りました。 射精を行うと「亜鉛」が消費され、これが薄毛の原因と関わりがあると言われています。亜鉛はタンパク質を毛髪に変えるとても重要な栄養素であり、それが不足してしまうと薄毛の原因になると考えられています。しかし、一度体に取り込んだものがオナニー(射精)によって排出され、それが亜鉛不足を引き起こすとは、あまりに単調な考えとは思いませんか。
抜け毛の進行を予防してくれる育毛成分とは?予防で使うべき育毛剤
育毛剤は髪の成長を助ける働きをするものですが、抜け毛の進行を予防し抑えながら効果を発揮するものがあります。将来に向けて、薄毛にならない予防のために使うべき育毛剤についてまとめています
転職面接するとき「ハゲ」てると評価が下がるって本当か?
転職が一般化し、新しいキャリアを求めて活動する人は増えています。一方で転職面接がなかなか上手くいかず、時にはハゲや薄毛が心象を悪くしているのではないか?という疑問をいだく人もいます。
生え際の毛は生えにくい?
多くの男性が悩むであろう薄毛の形態に、生え際がM字型に脱毛してしまうという症状があります。この生え際は育毛が難しいといわれる理由を検証します。
育毛剤の返金保障ってどうなの?ちゃんと返金されるのか?
育毛剤がこぞってアピールする全額返金保障!今では返金保証をしてくれる育毛剤が当たり前になってきましたが、本当に返金されるのか?どんなときに返金保証を使うべきなのかについて考えてみました
育毛剤の口コミは信用できるか?極論は自分で使うしかない
ネット上に溢れる育毛剤の口コミ。この口コミをどこまで信用するかは個人の判断ですが、結局育毛剤は自身で確かめなければ真実は見えません。
育毛剤のつけすぎは良くない?大量につけても効果は変わらない
育毛剤を早く効かせようと思って、たくさん頭皮に塗ってはどうか?という疑問がありますが、大量につけてもほとんど効果に違いはないです。適量を1日2回分けて続けていくことのほうが大切です
抜け毛は一日何本までなら正常なの?抜け毛を見て危険度を判断し対策しよう
人間の髪には1本1本に成長サイクルがあります。髪が生えるためには一度抜ける必要があるため、誰もが必ず抜け毛はあるということです。1日に何本まで髪が抜けても大丈夫か?何本以上ならやばいのかを検証します
貧血の人は薄毛になりやすい?貧血と抜け毛の関係性
貧血と薄毛の関係性として、貧血になると髪の毛の成長に影響はあるのか?という点や、貧血を起こさないためには日常のどのような部分に気を付けるべきかをまとめています。