意外と知らないビワ葉エキスの育毛効果とは?

ビワの葉

 

ビワ葉エキスは、胃腸虚弱、虚弱体質の改善の他、育毛にも効果があるとして育毛剤にも配合されている良く見かける成分の一つです。調べれば調べるほど配合している育毛剤って多いんですよね。

 

今回はビワの葉に含まれる成分から、どんな効果効能が髪の毛の成長や育毛にとって役立ってくれるのかをまとめてみたページです。

 

ビワは3000年前にインドの古い仏典に「大変優れた薬効を持った植物」として登場する程、かなり昔から人間に親しまれてきた植物。

 

バラ科の常緑高木であり、一般的に知られるのはオレンジ色の果肉でしょう。甘酸っぱい独特の味は子供の頃から良く食べてました。育毛課長の実家は田舎なので、ビワの木とかがあったんですよ。

 

一方ビワの葉は薬効を重用され、ビワの葉茶として用いられる他、ビワ葉エキスとしても化粧品や漢方薬を中心に利用されてきました。ビワの葉には、タンニン、サポニン、クエン酸、アミグダリン、ピネン、ファルネソール等の有効成分が豊富に含まれています。

 

これらの成分がどのように髪の成長に絡んでくるのかを見て行きます。

 

ビワ葉エキスの育毛に対する効果は3点あります

紫外線から頭皮を保護する効果

髪の幹細胞が紫外線によって受けたダメージを修復する効果です。髪の幹細胞は紫外線によるダメージを受けやすく、幹細胞が傷んでしまうと、発毛に影響が出てしまいます。ビワのはエキスによる効果によって頭皮が受けるダメージを保護し、育ち始めた髪の毛を守りながら育毛するのに一役買っているといえます。

 

頭皮の血行を促進し栄養を送る効果

ビワの葉に含まれる成分の一つ、アミグダリン(ビタミンB17)が頭皮の血行を促進する効果です。ビワの葉の成分であるアミグダリンは血管の修復や血液の浄化作用を助ける効果があり、頭皮の細い毛細血管の血流を改善します。血液は酸素や栄養を運ぶ役割を持っており、頭皮の血流が悪いと髪の細胞も栄養不足に陥り、髪が生えにくくなったり、生えて来ても細い弱々しい毛になったりします。

 

成長因子の生成を助ける効果

ヘアサイクルに関係するタンパク質の一種である、「FGF」の産生や抑制を助ける働きがビワ葉エキスにある事です。FGFは細胞が成長するために必要なものとして成長因子とも言われ、髪の毛を作る細胞の活性化に必要なタンパク質のこと。「FGF7」と言う髪の成長を促すタンパク質の産生を助け、「FGF5」と言う髪の成長を阻害するタンパク質の産生を抑制する事で育毛に対して働きかけます。

 

育毛に直接関係があると思われるのは以上の3点ですが、傷の修復や肌のハリを保ち健康な皮膚の維持にも欠かせないということで、化粧品や保湿クリームでも使われているのがビワの葉のエキスです。このことから頭皮の炎症を抑えてくれたり、シャンプーなどで傷ついた頭皮を癒してフケなどの発生を防ぐ効果も期待できます。

 

ビワ葉エキスは育毛シャンプー成分としてもよく利用されていますね。天然の成分であり、昔から利用されてきているので、副作用の心配もなく安心して利用できるでしょう。

 

ビワの葉エキスを配合してる育毛剤

チャップアップ

 

育毛剤ブブカ

 

フィンジア

 

有名どころの育毛剤でおおむね抑えていますね。特徴としてはビワ葉エキス以外にも複数の成分を配合しており、相乗効果を狙って髪の毛の成長にアプローチをするタイプの育毛剤に使われています。

 

ビワ葉エキスって自分で作って育毛するのもあり?

ビワの葉のエキスだけを考えれば自分で作って頭皮に使うことも可能といえば可能。

 

ビワ葉エキスの作り方は、2年以上経った古い葉を拭いて清潔にし、細かく刻んでから35度以上のアルコールに1ヶ月以上漬け込みます。そして、ビワの葉を取り出し保存し、温湿布などとして使用します。使う時には2、3倍に薄めて利用します。

 

ここで分かるようにビワの葉からエキスを抽出する溶剤としてアルコールを使いますから、濃度管理には注意。アルコールは刺激にもなるしアレルギーの心配もありますから、不安な人は安易に手を出さない方が無難。

 

そもそもビワの葉だけが特効的に利くわけではなく、様々な成分と相乗的に効果を発揮してくれるもの。ビワの葉だけでフサフサにはならないですが、最近、髪の毛が薄くなってきたのではないか、と心配している方はこれらの成分を多く配合した育毛剤による対策が効果的であるといえます。


育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

ビワ葉エキスはどんな育毛に良い効果がある?ビワが髪の毛によい理由関連ページ

キャピキシルの育毛効果とは?何がすごいのかを徹底検証
注目の育毛剤成分、キャピキシルはご存知ですか?おそらく名前は聞いたことあるかもしれませんが、あのミノキシジルの3倍という効果や副作用が無いなど気になる部分を色々と検証してみました
リデンシル配合の育毛剤の効果検証!どんな薄毛に効く成分なのか?
リデンシルはスイスのinduchem社が開発した育毛成分で、毛根の中にあるバルジ領域を活性化させることで毛母細胞を増殖させる注目の成分。髪の毛の成長を促し、弱った細胞を活性化させるという効果があります。
ピディオキシジルの効果と副作用の検証!配合育毛剤の検証をする
日々進化し続ける育毛成分。中でも期待のピディオキシジルという成分に注目し、育毛効果や副作用について検証してみたいと思います。ミノキシジル同等の効果を持ちながら副作用がないとはどういったものか?
リデンシル・キャピキシル・ピディオキシジルどう違うのか効果を比較
最近注目されている育毛剤の新成分に、キャピキシル・ピディオキシジル・リデンシルというものがあります。横文字ばかりで分かりづらいですが、それぞれの効果の違いを比較して分かりやすくまとめました。
亜鉛だけで育毛・発毛を促進できると思ったら大間違い
亜鉛が髪の毛に働きかけることは科学的にも証明されており、育毛活動において欠かすことのできない成分です。しかし、「亜鉛さえ摂取すれば」という単純な話ではないのが真実。
アデノシンは薄毛に効果・副作用はある?使うべき成分か検証
資生堂が研究開発した育毛成分アデノシンは、どのような育毛効果があり、また副作用などの使用上の注意はあるのか?効果の根拠や仕組みを調べ、どんな薄毛に効くのかをまとめています
パラベン配合の育毛剤はなぜ使わないほうがいいのか?
パラベンは保存料として育毛剤初め化粧品やクリームなどに使われています。肌への安全性に問題があるということで騒がれていますが、なぜ使わないほうがいいのかをまとめてみました
医薬部外品の育毛有効成分とその他の育毛成分の違いとは?
有効成分・育毛成分・効果成分という目性の違いとは?似たような名前ですが明確に区別すべき成分です。
医薬品育毛剤と医薬部外品の違いとは?効果にどんな違いがある?
育毛剤で医薬品と医薬部外品って良く耳にする言葉なのですが、結局何が違うんでしょうか?やっぱり医薬品は効果が高い?育毛剤を買うときに迷いやすい薬事法の区分を解説しています。
トウガラシエキスが髪の毛によい?髪・育毛に良い効能とは
育毛剤の成分としても使われる唐辛子エキスは、育毛や髪の毛にとってどんな効果をもたらすのか?唐辛子を食べたり頭に塗ったりすると髪の毛が生えてくる?そんな疑問を検証してみました。
ローズマリーエキスって育毛剤に入ってるけど育毛に良い効果効能とは
育毛剤の成分を見ていると、ローズマリーエキスというのが配合されていることが多いのですが、これってどんな効果があって、副作用などは無いのでしょうか?
クロロフィルってサプリとかでよく聞くけど髪・育毛に良い効能とは
健康サプリ系で良く目にするクロロフィルという成分。育毛剤とか育毛サプリとかでも使われているのを目にすることがあるのですが、クロロフィルってどんな育毛効果があるのか?
アロエの髪・育毛に良い効能とは?アロエエキスで髪は生える?
アロエといえば昔から医者要らずとして、肌によい、火傷に効くということで使われてきた植物。育毛剤でもアロエ育毛剤とかあったりして、アロエって髪の毛の成長にも良い効果があるのか?ってことで色々調べたことをまとめています。
ロレアル研究所「ステモキシジン」の毛髪再生効果の考察と期待
化粧品メーカーのロレアルの毛髪再生研究が意外に侮れない。ステモキシジンという新成分を開発し、休眠期における毛根の細胞の活性化を実証したというデータを取り上げてみる
海洋深層水の育毛効果と頭皮への浸透力を調べたことまとめ
海洋深層水は深海から採取した水で、育毛剤にも使われています。海のミネラルを蓄えているだけでなく、優れた皮膚への親和性による成分浸透力を高める効果もあるというので詳しく調べてみました