ステモキシジンの効果解説と配合されてる育毛剤

育毛に関する技術や情報を仕入れているときに、大手の化粧品メーカーであるロレアルが独自に毛髪再生技術を開発しているという情報を見つけたので紹介します。

 

ロレアルと言えば男性には馴染みが少ないかもしれないですが、高級化粧品ブランドとして世界的にも有名な会社。名前くらいは聞いたことあるのではないでしょうか。

 

ロレアルは独自に女性向けのヘアケア商品も開発しており、主にヘアサロン向けで育毛剤を提供していたりします。最近は育毛課長のサイトにも女性からの問い合わせが増えていたりします。それだけ薄毛や抜け毛に悩む女性が増えており、大手の化粧品メーカーも研究に動いているということですね。

 

今回見つけたのが、ロレアル独自研究というステモキシジンという新規分子。

 

参考元 : http://www.loreal-professionnel.jp/stemoxydine/

 

分子?というと馴染みないですが、おそらくは成長因子であると分析。発表されている情報によれば、髪の毛の成長サイクルにおける休止期の細胞を活性化させ、3か月間で1700本の髪の毛が増えたことが実証されているとあります。

 

ステモキシジンの効果作用の具体的な図を用意するとこんなイメージです。

 

ステモキシジンの効果解説

 

髪の毛は成長が終わると毛根から切り離され、自然に抜けていきます。その後新しく髪の毛の赤ちゃんが誕生し、徐々に育って生えてくるわけなのですが、この赤ちゃん細胞が生まれるまでの期間が休止期

 

細胞が弱っていたり、十分な栄養が行き届いていない状態だと休止期の期間が長くなり、抜けた毛根から髪が生えてこなくなります。一部分だけならいいのですが、頭皮全体に広がると全体に髪をすいた様に薄くなってしまうのが薄毛に至る原理。

 

ステモキシジンは細胞が活性化できるようなシグナルを与えることができ、眠った細胞が早期に新しい髪の毛の元を作り出してくれるということです。

 

ステモキシジンの効果は休止期だけではない

また細胞そのものを活性化させるということで、成長期にあたる髪の毛の細胞も丈夫で抜けにくくなり、結果として髪の毛全体の成長サイクルを改善して寿命を延ばすことができるというのがステモキシジンの効果の原理です。

 

発表文の中でロレアル研究所のブルーノ・A・ベルナール氏が次のようなことを言っています。

加齢によって自然と衰えてしまう、毛包幹細胞の環境を整え、機能を維持させることが毛髪生成において、“質”・“量”の両面において重要であることをつきとめたのです。

 

質と量の両面において重要であるというのは、成長期の細胞を丈夫にして黒く健康な髪を作る「質」と、休止期で眠ったままの細胞を呼び起こして髪の総量を増やす「量」の2つの効果を両立できるということの自信の表れであると言えますね。

 

ステモキシジンに副作用はないのか?

 

元々が、医薬品などの強力な育毛剤を使えない女性向けの研究でもあるため、ホルモンバランスを崩すような副作用はないということです。

 

細胞そのものを活性化させる技術は、成長因子の注入であるメソセラピーなどの発毛治療ですでに実用化されていますが、同じような効果を違う形でアプローチする研究であると判断できます。

 

ステモキシジン配合の育毛剤は販売されているの?

公式の情報を見る限りでは、サロン専売の商品に使われているということで、一般には販売されていない商品であるということ・・・・。

 

といいつつも、実はアマゾンを調べてみると、ロレアルセリオキシルデンサーヘアという商品で売られています。しっかりとステモキシジン配合である旨が記載されているので、現実的に男性が自宅で使うことも可能な成分です。

 

ロレアルセリオキシジルデンサー

 

パッケージを見てみると、しっかりとプロフェッショナル用と書いてあるので、実際にサロンでも同じものを使われているとみてよいでしょう。

 

ホルモンに関する副作用がなく、効果の期待できる育毛成分とあれば、別に女性だけではなく男性が使っても十分に期待できるものです。

 

具体的なロレアルセリオキシルデンサーヘアの評価レビューに関しては、女性用ということもあり嫁さんの協力も得ながら記事をまとめていますので、完了次第アップしていこうと思います。

 

ロレアルセリオキシルデンサーヘアの成分分析と本音レビュー

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

ロレアル研究所「ステモキシジン」の毛髪再生効果の考察と期待関連ページ

キャピキシルの育毛効果とは?何がすごいのかを徹底検証
注目の育毛剤成分、キャピキシルはご存知ですか?おそらく名前は聞いたことあるかもしれませんが、あのミノキシジルの3倍という効果や副作用が無いなど気になる部分を色々と検証してみました
リデンシル配合の育毛剤の効果検証!どんな薄毛に効く成分なのか?
リデンシルはスイスのinduchem社が開発した育毛成分で、毛根の中にあるバルジ領域を活性化させることで毛母細胞を増殖させる注目の成分。髪の毛の成長を促し、弱った細胞を活性化させるという効果があります。
ピディオキシジルの効果と副作用の検証!配合育毛剤の検証をする
日々進化し続ける育毛成分。中でも期待のピディオキシジルという成分に注目し、育毛効果や副作用について検証してみたいと思います。ミノキシジル同等の効果を持ちながら副作用がないとはどういったものか?
リデンシル・キャピキシル・ピディオキシジルどう違うのか効果を比較
最近注目されている育毛剤の新成分に、キャピキシル・ピディオキシジル・リデンシルというものがあります。横文字ばかりで分かりづらいですが、それぞれの効果の違いを比較して分かりやすくまとめました。
亜鉛だけで育毛・発毛を促進できると思ったら大間違い
亜鉛が髪の毛に働きかけることは科学的にも証明されており、育毛活動において欠かすことのできない成分です。しかし、「亜鉛さえ摂取すれば」という単純な話ではないのが真実。
アデノシンは薄毛に効果・副作用はある?使うべき成分か検証
資生堂が研究開発した育毛成分アデノシンは、どのような育毛効果があり、また副作用などの使用上の注意はあるのか?効果の根拠や仕組みを調べ、どんな薄毛に効くのかをまとめています
パラベン配合の育毛剤はなぜ使わないほうがいいのか?
パラベンは保存料として育毛剤初め化粧品やクリームなどに使われています。肌への安全性に問題があるということで騒がれていますが、なぜ使わないほうがいいのかをまとめてみました
医薬部外品の育毛有効成分とその他の育毛成分の違いとは?
有効成分・育毛成分・効果成分という目性の違いとは?似たような名前ですが明確に区別すべき成分です。
医薬品育毛剤と医薬部外品の違いとは?効果にどんな違いがある?
育毛剤で医薬品と医薬部外品って良く耳にする言葉なのですが、結局何が違うんでしょうか?やっぱり医薬品は効果が高い?育毛剤を買うときに迷いやすい薬事法の区分を解説しています。
トウガラシエキスが髪の毛によい?髪・育毛に良い効能とは
育毛剤の成分としても使われる唐辛子エキスは、育毛や髪の毛にとってどんな効果をもたらすのか?唐辛子を食べたり頭に塗ったりすると髪の毛が生えてくる?そんな疑問を検証してみました。
ビワ葉エキスはどんな育毛に良い効果がある?ビワが髪の毛によい理由
育毛剤でも見かけることの多いビワ葉エキスってそもそもどんな効果効能があるか?意外とビワエキスって育毛以外にも使われてることが多く、需要の多い成分だけに、どんな効果が髪の成長に役立つのかを調べてみました。
ローズマリーエキスって育毛剤に入ってるけど育毛に良い効果効能とは
育毛剤の成分を見ていると、ローズマリーエキスというのが配合されていることが多いのですが、これってどんな効果があって、副作用などは無いのでしょうか?
クロロフィルってサプリとかでよく聞くけど髪・育毛に良い効能とは
健康サプリ系で良く目にするクロロフィルという成分。育毛剤とか育毛サプリとかでも使われているのを目にすることがあるのですが、クロロフィルってどんな育毛効果があるのか?
アロエの髪・育毛に良い効能とは?アロエエキスで髪は生える?
アロエといえば昔から医者要らずとして、肌によい、火傷に効くということで使われてきた植物。育毛剤でもアロエ育毛剤とかあったりして、アロエって髪の毛の成長にも良い効果があるのか?ってことで色々調べたことをまとめています。
海洋深層水の育毛効果と頭皮への浸透力を調べたことまとめ
海洋深層水は深海から採取した水で、育毛剤にも使われています。海のミネラルを蓄えているだけでなく、優れた皮膚への親和性による成分浸透力を高める効果もあるというので詳しく調べてみました