キャピキシルがミノキシジルの3倍効果とは本当なのか?

 

誰もがあこがれるフサフサな頭皮・・・

 

いまや男性のみならず女性まで真剣に悩む人が増えているのが薄毛の悩みであり、育毛剤も非常にたくさんの種類が発売されており、発毛外来といって薄毛治療を専門に行う病院クリニックも増えてきました。

 

そんな中で今一番の注目は、キャピキシルという生えるための育毛成分!

 

嘘か誠か、医薬品として薄毛に効果があるとして知名度の高いミノキシジル(リアップやロゲイン)の3倍の効果を持つということで話題になっており、今回はそのキャピキシルの効果について育毛課長が検証してみたことをまとめてみることにしました。

 

キャピキシルとはどんなものか?

キャピキシルは、アカツメクサ花エキスに加え、アセチルテトラペプチド3という2種類の成分によって構成されるもの。

 

アカツメクサ

アカツメクサは、日本で「ムラサキツメクサ」と呼ぶもので、一般的な白いものとは違って紫の花をした植物。

 

この花に含まれるビオカニンAという成分がAGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼ酵素を阻害する効果があります。こちらはプロペシアなどの医薬品でもお馴染みの効果で、生え際や頭頂部に代表される男性型の薄毛(AGA)治療には不可欠の要素。

 

これにプラスされるアセチルテトラペプチドというのは、4つのペプチド(アミノ酸)で構成されるもので、細胞の修復作用が高く「毛包」という髪の毛を作っている細胞の破壊を食い止めてくれるということ。

 

 

 

少し難しい横文字も出てきましたが、細胞を破壊する要因を取り除くと共に、細胞を保護するための成分を複合的に絡み合わせることでキャピキシルという非常に高い効果を持った成分を構成しているということなんですね。

 

キャピキシルに副作用はあるのか?

 

これだけ高い成分となれば、気になってくるのは「副作用」ですね。

 

今までの傾向では効果の高いものほど、それに対応した副作用を併せ持つのが常でした。ミノキシジルによる頭皮の荒れや体内から作用するプロペシアなどにはいまだ抵抗がある人も多いでしょう。これらはそもそも育毛専用に生まれた薬ではないということもあり、少なからず体質によって副作用はもたらします。

 

一方キャピキシルは植物由来の成分とアミノ酸が複合された育毛成分であることから、頭皮に大きなダメージを残すような副作用の心配はないといえるでしょう。

 

※ただし植物由来のエキスということで、かぶれなどは起こる可能性がありまったく副作用がないということは無いです。また、配合されるほかの成分による副作用なのかは判別できないです。アレルギーで肌が荒れたことが有る人は、必ず育毛剤ごとの成分をしっかりと見て、返金保証の期間があるうちにゆっくりと試してから使うようにするべきですね。

 

キャピキシルを含む育毛剤

キャピキシルを配合した育毛剤はまだまだ少ないです。

 

今後は確実に増えてくると思いますが、現在私が検証している育毛剤でも高い効果の代償として1本辺りの単価が高くコストがかかるのであると思われます。普及にしたがって価格競争もおき、徐々に値段も下がってくると見ていますが、発展段階ということで今後に期待したいですね。

 

現在レビューをしているキャピキシル配合育毛剤は以下の3種類

FINGIAフィンジア

フィンジア

 

キャピキシル濃度5%配合育毛剤の中では最も価格が安く、コスパがよいフィンジア。副作用の無いミノキシジル誘導体という新成分「ピディオキシジル」も配合しており、キャピキシル育毛剤の効果を存分に試すことができる。

 

バイタルウェーブ

バイタルウェーブ

 

バイタルウェーブはキャピキシル5%配合とともに、リデンシルを配合しつつも価格を抑えてきていて注目されている育毛剤。今まで見たことない乳白色の育毛液が特徴ですが、浸透力に独自の技術を採用するなど、価格以上の性能を持っているのが特徴。特徴的な使い方は慣れが必要ではあるが、新成分を低価格で使ってみたい人には一つの候補となりえる育毛剤。

 

モンゴ流Deeper3D育毛剤

deeper3d

 

独特のガラススポイトで塗るピンク色の液体が衝撃的であるが、それは優れた成分の証。キャピキシルをいち早く取り入れ、さらに「成長因子」も配合している。2016年のリニューアルで、リデンシルという成分も配合。それだけに値段も最強クラスなので、長く使うには予算の確保が必須となる。

 

この3種類が市販で買えるものの中では、キャピキシルを高濃度5%配合しており効果が期待できるもの。それぞれ特徴があって色々な意味で濃い育毛剤たちなので、使ってみようと思う際はぜひじっくりとレビューを診て選んで欲しいです。

 

とことん成分にこだわり、多少コストが高くても髪の毛のためには金は惜しまん!という人はぜひキャピキシルをチェックしてみる価値はあると思います。

 

育毛課長でよく読まれてるコンテンツはこちら

キャピキシルの育毛効果とは?何がすごいのかを徹底検証関連ページ

リデンシル配合の育毛剤の効果検証!どんな薄毛に効く成分なのか?
リデンシルはスイスのinduchem社が開発した育毛成分で、毛根の中にあるバルジ領域を活性化させることで毛母細胞を増殖させる注目の成分。髪の毛の成長を促し、弱った細胞を活性化させるという効果があります。
ピディオキシジルの効果と副作用の検証!配合育毛剤の検証をする
日々進化し続ける育毛成分。中でも期待のピディオキシジルという成分に注目し、育毛効果や副作用について検証してみたいと思います。ミノキシジル同等の効果を持ちながら副作用がないとはどういったものか?
リデンシル・キャピキシル・ピディオキシジルどう違うのか効果を比較
最近注目されている育毛剤の新成分に、キャピキシル・ピディオキシジル・リデンシルというものがあります。横文字ばかりで分かりづらいですが、それぞれの効果の違いを比較して分かりやすくまとめました。
亜鉛だけで育毛・発毛を促進できると思ったら大間違い
亜鉛が髪の毛に働きかけることは科学的にも証明されており、育毛活動において欠かすことのできない成分です。しかし、「亜鉛さえ摂取すれば」という単純な話ではないのが真実。
アデノシンは薄毛に効果・副作用はある?使うべき成分か検証
資生堂が研究開発した育毛成分アデノシンは、どのような育毛効果があり、また副作用などの使用上の注意はあるのか?効果の根拠や仕組みを調べ、どんな薄毛に効くのかをまとめています
パラベン配合の育毛剤はなぜ使わないほうがいいのか?
パラベンは保存料として育毛剤初め化粧品やクリームなどに使われています。肌への安全性に問題があるということで騒がれていますが、なぜ使わないほうがいいのかをまとめてみました
医薬部外品の育毛有効成分とその他の育毛成分の違いとは?
有効成分・育毛成分・効果成分という目性の違いとは?似たような名前ですが明確に区別すべき成分です。
医薬品育毛剤と医薬部外品の違いとは?効果にどんな違いがある?
育毛剤で医薬品と医薬部外品って良く耳にする言葉なのですが、結局何が違うんでしょうか?やっぱり医薬品は効果が高い?育毛剤を買うときに迷いやすい薬事法の区分を解説しています。
トウガラシエキスが髪の毛によい?髪・育毛に良い効能とは
育毛剤の成分としても使われる唐辛子エキスは、育毛や髪の毛にとってどんな効果をもたらすのか?唐辛子を食べたり頭に塗ったりすると髪の毛が生えてくる?そんな疑問を検証してみました。
ビワ葉エキスはどんな育毛に良い効果がある?ビワが髪の毛によい理由
育毛剤でも見かけることの多いビワ葉エキスってそもそもどんな効果効能があるか?意外とビワエキスって育毛以外にも使われてることが多く、需要の多い成分だけに、どんな効果が髪の成長に役立つのかを調べてみました。
ローズマリーエキスって育毛剤に入ってるけど育毛に良い効果効能とは
育毛剤の成分を見ていると、ローズマリーエキスというのが配合されていることが多いのですが、これってどんな効果があって、副作用などは無いのでしょうか?
クロロフィルってサプリとかでよく聞くけど髪・育毛に良い効能とは
健康サプリ系で良く目にするクロロフィルという成分。育毛剤とか育毛サプリとかでも使われているのを目にすることがあるのですが、クロロフィルってどんな育毛効果があるのか?
アロエの髪・育毛に良い効能とは?アロエエキスで髪は生える?
アロエといえば昔から医者要らずとして、肌によい、火傷に効くということで使われてきた植物。育毛剤でもアロエ育毛剤とかあったりして、アロエって髪の毛の成長にも良い効果があるのか?ってことで色々調べたことをまとめています。
ロレアル研究所「ステモキシジン」の毛髪再生効果の考察と期待
化粧品メーカーのロレアルの毛髪再生研究が意外に侮れない。ステモキシジンという新成分を開発し、休眠期における毛根の細胞の活性化を実証したというデータを取り上げてみる
海洋深層水の育毛効果と頭皮への浸透力を調べたことまとめ
海洋深層水は深海から採取した水で、育毛剤にも使われています。海のミネラルを蓄えているだけでなく、優れた皮膚への親和性による成分浸透力を高める効果もあるというので詳しく調べてみました